わたしをみつけて

わたしをみつけて

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

誰かの仕打ちで、ひとは傷つく。 でも、ほかの誰かのひとことで、 生きていけるようになる。 施設で育ち、今は准看護師として働く弥生は、問題がある医師にも異議は唱えない。 なぜならやっと得た居場所を失いたくないから――。

ジャンル
出版社
ポプラ社
ページ数
257ページ
電子版発売日
2015年11月20日
紙の本の発売
2013年07月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「わたしをみつけて」のユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月13日

『きみはいいこ』の続編ということで手に取った一冊。

いずれも、「いい子」がキーワード。
いい子でなければ愛されない、いい子でなければ必要とされないことが怖くて苦しかった子供時代。今もやっとのことで手に入れた居場所を失いたくなくて、いろんなことを飲み込んでそこにしがみついている主人公の弥生。
いい子...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月21日

『施設のものはみんなのものだった。
そんなこと知っていた。一度だけ、ほんとの気持を言ってみただけだった。
その一度きりで、自分がいい子じゃなければ、受け入れてもらえないことを知った。
だからこわかった。』

「名づけは親の最初の暴力みたいなものだし。 - つけられた名前で生きていかなきゃいけないんだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月26日

こんなにも人の心の傷をやさしく描けるのは、中脇さんならでは。

いわゆる”一般的”な子供時代を経ていない子供は、自己を確立し自分を保つためだけでも、極限に伸ばされた太く平べったいゴムを常に腰に巻きつけられ後ろから引っ張られているような状態のまま前に進んでいくという日常生活を送らなければならない。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月15日

「わたしはいい子」が余りにも辛すぎて
だからその分だけ
この本の感動があったのかと。

捨て子であった主人公が
いい子と隣り合わせで持つ心情に押しつぶされそうになりながらも
人との出会いで少しずつ変わっていく。

言葉にしてしまうとこんなに薄っぺらくなってしまうけれど
とても感動的なお話だった。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月12日

平易な文章は無駄がなく詩のように滑らか。細かな部分まで丁寧に描かれていて、ノンフィクションかと思うくらいとてもリアル。
女性らしい視点で命を見つめている。大切なのは医師の名誉ではなく患者の命だし、親の都合ではなく子供の命なのだと。
是非また読んでみたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「わたしをみつけて」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,496

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!