中脇初枝の一覧

「中脇初枝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/05更新

ユーザーレビュー

  • 神に守られた島
    沖永良部島の島唄に、人々の生活と祈りを感じる。
    沖永良部島の素晴らしい自然と穏やかな生活、そこに入り込む戦争、その中でたくましく生きる子どもたちの姿に心打たれる。

    「みんなだまされたねー」だまされたといってすましていたら、一度だまされたぼくたちは、きっとまた、だまされる。何度でもだまされる。
    マチ...続きを読む
  • 神に守られた島
    読みはじめた時は、島言葉に驚いたのですが、すぐに引き込まれて一気に読みました。島の空気や匂いが伝わってきそうな感じです。沢山の人に読んでほしくて、地域の図書室にも入れてもらいました。
  • わたしをみつけて
    『きみはいいこ』の続編ということで手に取った一冊。

    いずれも、「いい子」がキーワード。
    いい子でなければ愛されない、いい子でなければ必要とされないことが怖くて苦しかった子供時代。今もやっとのことで手に入れた居場所を失いたくなくて、いろんなことを飲み込んでそこにしがみついている主人公の弥生。
    いい子...続きを読む
  • 神に守られた島
    戦争末期の沖永良部島
    守り神と崇めた軍人は年端もいかぬ少年航空兵であったり沖縄からの逃亡兵で編成された守備隊であったり。
    古より那覇世、大和世と時代の波に翻弄された島が次はアメリカ世になるとも知らずに日本国を信じる島民の真っ直ぐな気持ちが哀しい。
    そしてそれが現実となったとき我が子らを含む全てを失っ...続きを読む
  • 神に守られた島
    戦争中から終戦直後にかけてのえらぶ(沖永良部島)に住んでいた主人公ののマチジョーを通して描かれた世界。
    えらぶの言葉がたくさん出てきて、遠い地方に今来ているという感じが出ています。えらぶの言葉にはルビで標準語の訳がついているので、通訳をつけながら島の人と接している感じです。人によっては読みにくいと感...続きを読む

特集