奥田英朗の一覧

「奥田英朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:奥田英朗(オクダヒデオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1959年10月23日
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

岐阜県立岐山高等学校卒。1997年『ウランバーナの森』でデビュー。『邪魔』で第4回大藪春彦賞、『空中ブランコ』で第131回直木三十五賞を受賞、TVドラマ化とTVアニメ化もされた。『真夜中のマーチ』がTVドラマ化と映画化。『オリンピックの身代金』がTVドラマ化された。その他作品に『最悪』、『イン・ザ・プール』などがある。作品は海外への翻訳出版も多数されている。

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/04/16更新

ユーザーレビュー

  • イン・ザ・プール
    重くなくて、軽く読めて、できればクスリと笑える感じの本を探していてたどり着いた一冊。

    テーマは神経科の病院だから、登場人物は軒並み精神疾患なんだけど、いかんせん主人公の意思が奇妙奇天烈な変人なもんだから、全然重苦しくなくサクサクと読み進められて楽しめました。

    しかしこの医者、何もしてねぇなぁ…っ...続きを読む
  • コロナと潜水服
    いかにも奥田さんらしい短編集でしたが、奥田さんにしてはやや平凡だったかも知れません。それでも最後のパンダの話はじんとくるものがありました。私の友人にも初めて自分で買った車としてパンダに乗っていた人がいました。色は白でした。懐かしい思い出です。
  • コロナと潜水服
    なかなかの心霊幻想小説?ではないですか。出現する霊たちが慈愛に満ちている。著者が同年代なので、懐古場面のディテールが脳裡に浮かぶ。今や聞かなくなった破傷風も、子ども時分は鯖釘や割竹で怪我したなら親がやたら心配した。そのたびに北里柴三郎先生の偉大さを説かれた。フィアットパンダのセリエねぇ。ルパン三世が...続きを読む
  • 空中ブランコ
    めちゃくちゃ本能で生きている精神科医に、いつの間にかペースを奪われていく。
    そういう意味で、悩みは人に解決してもらうものではなくて自分で気づいて乗り越えていくものなのかもしれない。ただ、確実にこのおちゃめな精神科医がキッカケにはなっているはず。

    ああ、まぁいいや。なんとかなるさ!
    そんな気持ちにさ...続きを読む
  • 向田理髪店
    奥田英朗にしては、ちょっと物足りないけど、
    やっぱり心温まる、良い話だった。
    私は「中国からの花嫁」と「逃亡者」が好き。
    ラストがいいよね。
    北海道が舞台の作品が多いけど、出身は岐阜なのね。
    北海道には思い入れがあるのかしら。

    映画化ってさっき知って、記事みてたんだけど、
    ロケは福岡だなんて、なん...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!