中山七里の一覧

「中山七里」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中山七里(ナカヤマシチリ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

花園大学文学部国文学科卒。2009年、『さよならドビュッシー』で「第8回このミステリーがすごい!大賞」を受賞。48歳での小説家デビュー。『いつまでもショパン』が映画化された。ほかにも大人気の音楽ミステリー『さよならドビュッシー』シリーズなどの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2023/03/28更新

ユーザーレビュー

  • 魔女は甦る
    もう、すごい恐怖だった。
    怖かった。
    まさかのラスト。。。
    えっ、そうなの?!!って。
    大どんでん返しっていうより、えー???!!!って。
    そして、今はカラスが恐怖です。
    七里さんの小説は色々と読んでいるんだけど、後書きで知ったけどこれがスタートなの?
    デビュー作より前にこれが書かれていたんだ。
    ...続きを読む
  • 逃亡刑事
    警察殺しの濡れ衣をきせされた千葉県警のアマゾネスこと高頭警部。途中ヤクザとのやり取りとか、潜伏先の佐古じいさんとかキャラクターが良い。最後50ページくらも面白すぎてすごいゆっくり読んだ。
    あと解説の東京の書店員の高頭さんの話もあって、より中山七里先生を好きになった。
    有隣堂しか知らない世界で中山先生...続きを読む
  • どこかでベートーヴェン
    「岬洋介シリーズ」4作目、「どこかでベートーヴェン」です。

    3作目「いつまでもショパン」のエンディングから繋がってます。
    ショパンコンクールでの岬洋介の演奏が世界的なニュースとなり、それを聞いた高校時代の親友の回想で物語が始まります。

    岬洋介が半年間在籍した、高校の音楽科での話です。

    クラスメ...続きを読む
  • 祝祭のハングマン
    法律が裁けないのなら、他の誰かが始末する。現代版"必殺"ここに誕生!
    まさに"必殺"。シリーズにして下さい。中山七里先生!
  • 復讐の協奏曲
    御子柴さん、色々苦労されますね
    にしてもホント、人間って変わろうと思えば、
    いつでもどのようにでもかわれる・・・ほんとそうだと思います。
    例によって、今回も最初の伏線を最後でぐいっと回収って感じで
    なんともまたまたやられたぁ〜って感じで
    七里ワールド全開なのでした。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!