「中山七里」おすすめ作品一覧

  • 作者名:中山七里(ナカヤマシチリ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

花園大学文学部国文学科卒。2009年、『さよならドビュッシー』で「第8回このミステリーがすごい!大賞」を受賞。48歳での小説家デビュー。『いつまでもショパン』が映画化された。ほかにも大人気の音楽ミステリー『さよならドビュッシー』シリーズなどの作品を手がける。

作品一覧

2016/11/15更新

受賞作品

完結
さよならドビュッシー 上巻

ユーザーレビュー

  • ヒポクラテスの誓い

    登場人物は、わりとステロタイプ。
    「犯人」も途中で予想した通りで、
    大きなどんでん返しはなかった。

    が、読みやすい文体と、かなり特殊な世界を
    「不気味なまでに精緻に描く」描写力で、
    最後までぐいぐい引き込まれて読んだ。
    これぞ「筆力」というものか。

    解説に「筆者は全く取材に出ない」とあったが、
    ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 恩讐の鎮魂曲

    2017年の初読み。
    御子柴先生の恩師の弁護。その恩師と御子柴先生の望みが真っ向から対立しています。贖罪の意味を教えてくれた恩師と再会した御子柴先生は無罪を勝ち取ろうとしますが、恩師はそんなことは望んでません。
    法律で裁かれる方がよっぽど幸せと知りつつ、その贖罪の気持ちがあれば無罪でもと考えたんでし...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 追憶の夜想曲

    事件の真相と御子柴が弁護を引き受けた理由が一気に判明する終盤は驚愕の一言。終始重苦しい展開が続く中、倫子ちゃんの無邪気さに癒されます。次作でシリーズがどのような動きを見せるのか、気になって仕方ありません。

    Posted by ブクログ

特集