贖罪の奏鳴曲

贖罪の奏鳴曲

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
シリーズ
御子柴礼司シリーズ
ページ数
400ページ
電子版発売日
2013年12月13日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

贖罪の奏鳴曲 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月18日

    追憶の夜想曲に続いて読んだ。順番は逆だか、御子柴礼司と彼に関わる人物たちの未来が見えるようで愉快だ。分かっていても充分に面白い。分かっているからこそ、それ以前はどうだつたのか、何が彼をそのように向かわせたのか探すことができる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月06日

    御子柴シリーズ4部作全て
    読み終えました!!

    読む順番がちょっと違ってましたが
    今回もまさに「どんでん返しの帝王」に相応しい作品でした!

    御子柴の少年院時代が語られる事で
    なぜ御子柴が弁護士を目指したのか?
    本当の父親や母親より
    御子柴を思う
    稲見教官の愛に救われました。

    そして3つの殺人が点...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    なな 2022年04月03日

    展開など本当に度肝をぬく。びっくりするほと引き込まれる作品。もう一度読んでいろいろと確かめてみたいなと思った。久しぶりに睡眠を削ってまで読んだ作品だった。この作者の作品をもっともっと読んでみたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月28日

    途中、少年期では少しスピードダウンしたけど、最後は怒涛の30ページ。御子柴礼司について行こう。
    次は「追憶の夜想曲」‼︎

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月06日

    まず信じられない、あり得ない、何かの間違いに違いないと言うところから始まった。
    弁護士が人殺し?えっ???そんな話しある?と。

    読み進めていく内に、どんどん引き込まれていった。御子柴が自分の罪に後悔し始めた時、物語りに過ぎないはずなのに本当に救われた気持ちになった。
    ストーリー自体もやられた感もあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月03日

    衝撃的な幕開けに心を掴まれた。
    弁護士物との事で難しい内容なのかと毛嫌いしていたものの、小難しい説明を省き、わかり易く解説してくれるのでとても読み易い。

    御子柴弁護士に対して好意的になれなかったが、必殺手のひら返しは私の十八番だ。
    続編も本棚のどこかにあったはずなので見つけ出して早く読みたいぞぉ!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月08日

    さよならドビュッシー依頼、中山七里に嵌まってしまい、どんでん返しを求めて、未読だった御子柴礼司シリーズに初挑戦。面白かったです。
    カエル男の登場人物も絡んできてます。続くシリーズを読みたい所ですが、ちょっと別に読みたい本もあり…(笑)

    御子柴礼司は被告に多額の報酬を要求する悪辣弁護士。彼は十四歳の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月03日

    言葉尻だけの中身のない謝罪。優等生な回答。生きていくのに本当に必要なことは何⁇
    いろいろ考えました。

    シリーズのさらに新しいのを読んだ後に、初めはどんな感じだったんだ?と思って、初めて読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月12日

    なかなか手が伸びなかった御子柴弁護士シリーズ。
    人を殺めたという過去と、法外な費用でえげつない弁護をするという悪名高い弁護士。
    なんとなく敬遠していたけど、「合唱」を読んで、そこまで悪い人じゃないのかも?と思い、読んでみたら、面白かった。善人かといわれると頷けないけど、完全な悪人ではなさそう。少年院...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月16日

    御子柴シリーズ第1弾!
    目には目を、歯には歯を!
    悪には悪を!
    って、何かのアニメかコミックであったけど、そんな感じ。
    いきなり死体運びから始まるから、改心しとらんやんけ!この弁護士!って思ったけど、作者の作戦みたい(^^;;
    少年時代に幼女を殺害し、そこから更生して弁護士に!
    そんな異色な人がおる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

贖罪の奏鳴曲 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

贖罪の奏鳴曲 に関連する特集・キャンペーン