連続殺人鬼カエル男

連続殺人鬼カエル男

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

マンションの13階からフックでぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。これが近隣住民を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の凶行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに……。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の正体とは?どんでん返しにつぐどんでん返し。最後の一行まで目が離せない。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
宝島社
掲載誌・レーベル
宝島社文庫
ページ数
415ページ
電子版発売日
2020年01月10日
サイズ(目安)
2MB

連続殺人鬼カエル男 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月09日

    ふざけたタイトルだと思って油断してると、後々強烈なボディーブローをくらう羽目になる。
    面白いと述べることが無分別に感じるほど陰惨。
    生々しい暴力描写に挫折しかける一方、緻密な心理描写に感情は揺さぶられる。
    二転三転する展開、予想外の真相と事件の構造に度肝を抜かれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月28日

    最初はよくあるサスペンスもので、正直面白くないなと思っていたが、
    最後のどんでん返しが見事で一気読みしてしまった。
    最後の一文が特に強烈で、思わずえっという声と共に前の頁に戻って確かめてしまったほど

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月05日

    一見普通の殺人事件かと思いきやラストの怒涛のどんでん返しの連続が良かった。常にハラハラの連続でこれはニアミス好きにはたまらないなと感じた。途中で読者側には犯人がわかる描写があり、そこから先に続く警部視点を読み進めるとやるせない思いになる。その後の乱闘の描写もハラハラが止まらずページをめくる手が止まら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

     これぞエンターテイメントという感じのサイコミステリー。不謹慎ではあるが、残酷な殺害事件が第二、第三と続いていくと、次はどうなるのかと先が気になってどんどん読み進めてしまう。先ほどエンタメ的ではあると言ったが、背景には刑法第三十九条や社会の混乱というしっかりとした作者なりの軸があり、展開が半ば強引で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月30日

    いいね。
    残忍な殺害だったりするのに、胸が熱くなった。
    中山七里さんは3作目だけど、やっぱりおもしろい。
    全部シリーズ制覇しよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月22日

    前半、生々しい臨場感を味わいながら
    マイルドな展開で猟奇事件を味わって
    中盤辺り、あらま早い段階で(ページ数)で犯人に・・・
    って思ったら、そこから怒涛のトリプルジョーカー
    ゆっくり階段を下って結論にたどり着くかと思ったら
    一番下で、目的地は上です・・・ってはしごが出された感じ
    そこからは一気にやや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月25日

    中山七里著作初読はこの作品、「連続殺人鬼カエル男」。サイコスリラー物で映画化もされているのため、読む時期としてはやや遅い感じがしなくもない。いろいろな感想が出尽くしているとは思うが、ワタクシ的には大変面白く続編の『連続殺人鬼カエル男ふたたび』も読んでみたい、と思った。また、この作品と同時期に発表され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月29日

    面白かった
    どんでん返しのどんでん返し!
    サイコミステリーでグロいシーンが満載で、嫌気がさしますが、それでも全体としては面白かったです。

    ストーリとしては
    カエル男となずけられた殺人鬼による様々な犯行

    口にフックをかけられ、マンションの13階から吊り下げれあれた全裸女性の死体
    スクラップ場でつぶ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月17日

    細かな描写が多いにも関わらず、押し付けがましさがなく、ストレスを感じなかった。
    むしろハラハラドキドキする展開に、この先どうなるのか気になって昼休みにまで読んでしまった。

    最後の展開はなんだか強引な気がしたが、これぐらいやっとかないと物足りないのかもしれない。
    湊かなえさんの告白を読んだ時と同じモ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    なんとも壮絶な殺人事件。
    そしてどんでん返しの連続。
    ナツオは夏緒だったことも驚いた。
    最後に勝雄が語る言葉もこの上ないほど恐ろしかった。
    刑法第39条がネックになっています。これについてはとても重い話だと思います。
    どうやらまだ続くようで、読みたいような読みたくないような気分です。
    でも少し時間を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

連続殺人鬼カエル男 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 連続殺人鬼カエル男
    594円(税込)
    マンションの13階からフックでぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。これが近隣住民を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の凶行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに……。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の正体とは?どんでん返しにつぐどんでん返し。最後の一行まで目が離せない。
  • 連続殺人鬼カエル男ふたたび
    凄惨な殺害方法と稚拙な犯行声明文で世間を震撼させた「カエル男連続猟奇殺人事件」。十ヵ月後、事件を担当した精神科医・御前崎教授の自宅が爆破され、その跡からは粉砕・炭化した死体が出てきた。そしてあの犯行声明文が見つかる。カエル男の報復に、渡瀬&古手川の刑事コンビもふたたび動き出す。さらにカエル男の保護司だった有働さゆりもアクションを起こし……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

宝島社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング