「山崎豊子」おすすめ作品一覧

「山崎豊子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山崎豊子(ヤマサキトヨコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1924年11月03日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:小説家

旧制京都女子専門学校(現在の京都女子大学)国文学科卒。1957年『暖簾』で作家デビュー。『花のれん』での直木賞をはじめ数多くの賞を受賞している。『不毛地帯』、『二つの祖国』、『大地の子』、『沈まぬ太陽』など数多くの作品を手がける。また、『白い巨塔』をはじめ多くの作品がドラマ化や映画化されている。

作品一覧

2017/01/20更新

花のれん
  • ブラウザ試し読み

女の勲章
  • ブラウザ試し読み

仮装集団
  • ブラウザ試し読み

花紋
  • ブラウザ試し読み

華麗なる一族
  • ブラウザ試し読み

白い巨塔
  • ブラウザ試し読み

白い巨塔(一~五) 合本版
  • ブラウザ試し読み

女系家族
  • ブラウザ試し読み

暖簾
  • ブラウザ試し読み

二つの祖国
  • ブラウザ試し読み

不毛地帯
  • ブラウザ試し読み

不毛地帯(一~五) 合本版
  • ブラウザ試し読み

ぼんち
  • ブラウザ試し読み

ムッシュ・クラタ
  • ブラウザ試し読み

約束の海
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 花のれん
    山崎豊子さんの作品は日本語がとてもきれいだといつも思っていた。この作品は大阪弁が本当に丁寧に書かれていて、大阪の町中にいるような気分にさせられた。
    日本語の表現の美しさが好きで、過去には「二つの祖国」「白い巨塔」「沈まぬ太陽」「大地の子」「華麗なる一族」「女の勲章」などたくさんの作品を読んだ。これら...続きを読む
  • 白い巨塔(五)
    医事裁判控訴審判決とその後。
    財前、里見、佐々木家、鵜飼、柳原、東教授のお嬢さん、ケイ子、そして東。
    それぞれの人間味の深い描写に感動。
  • 不毛地帯 第五巻
    シベリア時代にも、文章を読んでいるだけでまるでそこにいるような錯覚を起こさせるくらいに精密な描写と、それを可能にさせる取材力に圧倒されたが、商社時代になっても、それは全く衰えていない、どころかさらに加速している。戦闘機や車、石油など、その時代を反映する様々な事件を題材に、主人公の壱岐は葛藤し、成果を...続きを読む
  • 沈まぬ太陽(一) -アフリカ篇・上-
    評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、猟銃を構える一人の男がいた。恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。エリートとして将来を嘱望されながら、中近東からアフリカへと、内規を無視した「流刑」に耐える日々は十年に及ぼうとしていた。人命をあずかる企...続きを読む
  • 不毛地帯 第四巻
    1~4巻までの感想。
    山崎豊子さんの取材力に感服。
    シベリア抑留、航空機、車、石油等、商売と政治の絡みが描かれており今はどうなっているのかと気になった。結局人は金と地位を得ると固執してしまうものなのか。ただ、壹岐さんは違った。国益のために奮闘し、運も味方して事業に成功した結果会社を辞めた。でも亡くな...続きを読む

特集