「山崎豊子」おすすめ作品一覧

【山崎豊子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山崎豊子(ヤマサキトヨコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1924年11月03日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:小説家

旧制京都女子専門学校(現在の京都女子大学)国文学科卒。1957年『暖簾』で作家デビュー。『花のれん』での直木賞をはじめ数多くの賞を受賞している。『不毛地帯』、『二つの祖国』、『大地の子』、『沈まぬ太陽』など数多くの作品を手がける。また、『白い巨塔』をはじめ多くの作品がドラマ化や映画化されている。

作品一覧

2017/01/20更新

女の勲章
  • ブラウザ試し読み

白い巨塔
  • ブラウザ試し読み

不毛地帯
  • ブラウザ試し読み

暖簾
  • ブラウザ試し読み

仮装集団
  • ブラウザ試し読み

花紋
  • ブラウザ試し読み

華麗なる一族
  • ブラウザ試し読み

沈まぬ太陽
  • ブラウザ試し読み

しぶちん
  • ブラウザ試し読み

白い巨塔(一~五) 合本版
  • ブラウザ試し読み

女系家族
  • ブラウザ試し読み

花のれん
  • ブラウザ試し読み

二つの祖国
  • ブラウザ試し読み

不毛地帯(一~五) 合本版
  • ブラウザ試し読み

ぼんち
  • ブラウザ試し読み

ムッシュ・クラタ
  • ブラウザ試し読み

約束の海
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 花のれん
    「取り落した仕付け糸の端を、ぴいと抜き取った」
    155頁は感激で深い意味を持つと感じ入った。
    白の喪服・・・・もはやこの日本には、これを着る人は居ないだろうと思う。その意味を知る人も…
    山崎さんはド根性物は書けても恋愛ものはきっと書けなかっだろうナ 唐突的に登場する伊藤でそれを感じる
  • 白い巨塔(三)
    2017/04/13
    固唾を飲んで見守った裁判、結果は個人的には受け入れたくないが、まあそうなるよなぁ… アウシュビッツで感じた憤りを、財前教授が佐々木さんの死に対しても少しでも感じることができたなら、こんな裁判は行われなかったのでは、と思う。里見先生の生き方も財前教授の生き方も両極端で、現実に生き...続きを読む
  • 不毛地帯 第五巻
    入札で取ったはいいけど出なくてやばかった石油が遂に出て、くすぶっていた自動車提携も最後に話を進めて、相場でおかしくなった大門社長と一緒に退陣して終了。うっとうしかった恋愛ネタもほろ苦い感じで終わり、結局最初に戻ってシベリアの同胞のために第3の人生を生きていく、と。5巻はホントに怒涛の展開でめっちゃ面...続きを読む
  • 大地の子(四)
    中国残留孤児の話です。最近は聞かなくなりましたが昔はニュースなどでよく残留孤児と親の対面が取り上げられていました。彼ら残留孤児は、戦時中に満州へ開拓に出た移民の子であり終戦後、日本へ逃げ遅れて現地で生き延びたという経緯があります。終戦から20年以上経ち、中国と日本の国交正常化後に肉親探しが始まりまし...続きを読む
  • 大地の子(三)
    親子と気づかないままでいる2人が歯がゆい。どうやって再会が果たされるのか気になる。
    中国の歴史、社会、そこから生まれる文化、人間性を知る上で、とても勉強になる。

特集