「山崎豊子」おすすめ作品一覧

「山崎豊子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山崎豊子(ヤマサキトヨコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1924年11月03日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:小説家

旧制京都女子専門学校(現在の京都女子大学)国文学科卒。1957年『暖簾』で作家デビュー。『花のれん』での直木賞をはじめ数多くの賞を受賞している。『不毛地帯』、『二つの祖国』、『大地の子』、『沈まぬ太陽』など数多くの作品を手がける。また、『白い巨塔』をはじめ多くの作品がドラマ化や映画化されている。

作品一覧

2017/01/20更新

華麗なる一族
  • ブラウザ試し読み

女の勲章
  • ブラウザ試し読み

仮装集団
  • ブラウザ試し読み

花紋
  • ブラウザ試し読み

白い巨塔
  • ブラウザ試し読み

白い巨塔(一~五) 合本版
  • ブラウザ試し読み

女系家族
  • ブラウザ試し読み

暖簾
  • ブラウザ試し読み

花のれん
  • ブラウザ試し読み

二つの祖国
  • ブラウザ試し読み

不毛地帯
  • ブラウザ試し読み

不毛地帯(一~五) 合本版
  • ブラウザ試し読み

ぼんち
  • ブラウザ試し読み

ムッシュ・クラタ
  • ブラウザ試し読み

約束の海
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 白い巨塔(五)
    まったくの予想外の結末。
    まさに因果応報。
    これまでの悪の報いが全て返ってきた。
    しかし、最期の最期で医者として本当の素直な気持ちになれたのか。
    人間、誰しも最期は弱気になってしまうものかもしれない。
    登場人物、ほぼ全ての人が最後は素直な気持ちになっていたのが清々しい。
  • ムッシュ・クラタ
    ムッシュ・クラタ、人にどう思われても良いとは自分には思えないが、何か強い信念・信条を持って少なくとも人に流されない様にしたいと思わされた。
  • 大地の子(四)
    山崎豊子さんの作品は「白い巨塔」「沈まぬ太陽」「不毛地帯」などどれも素晴らしいが、本作品はその中でも最高傑作。日中戦争の歴史に巻き込まれた過酷すぎる運命に愕然とする。日本人も中国人も必読の一冊。
  • 白い巨塔(一)
    今まで、主に池井戸潤作品を読んできて、大抵正義感溢れる主人公に慣れてきていた。この作品は、悪というか、目的のためには手段を選ばない主人公を描いている。全5巻。50年前の話で、医学はこの間に長足の進歩を遂げたであろうが、教授選などは、さほど変わっていないのだろうなと思う。第一巻:1~7章
  • 花のれん
    山崎豊子さんの作品は日本語がとてもきれいだといつも思っていた。この作品は大阪弁が本当に丁寧に書かれていて、大阪の町中にいるような気分にさせられた。
    日本語の表現の美しさが好きで、過去には「二つの祖国」「白い巨塔」「沈まぬ太陽」「大地の子」「華麗なる一族」「女の勲章」などたくさんの作品を読んだ。これら...続きを読む

特集