ムッシュ・クラタ

ムッシュ・クラタ

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦前・戦後、新聞社のパリ特派員を勤め、フランス文化をこよなく愛して「ムッシュ・クラタ」と呼ばれた男。日本人の常識から逸脱した行動をとり、鼻持ちならないキザな奴と見られていた彼が、記者として赴いたフィリピンの戦場でしめしたダンディな強靱さを鮮やかに描いた表題作。ほかに夫婦の絆の裏表を鋭い人間観察で切り取った「晴着」「へんねし」「醜男」をおさめる中・短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年05月30日
サイズ(目安)
1MB

ムッシュ・クラタ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月29日

    ムッシュ・クラタ、人にどう思われても良いとは自分には思えないが、何か強い信念・信条を持って少なくとも人に流されない様にしたいと思わされた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月06日

    山崎豊子氏といえば、どちらかというと何巻にもわたる大作が有名だが、本書は、表題「ムッシュ・クラタ」をはじめ「晴着」「へんねし」「醜男」の中・短編作品が収録されている。いずれも昭和30年代・40年代に書き下ろされた小作品で、どこか淋しく切なく、心揺さぶられる結末になっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月14日

    先日お亡くなりになられた山崎豊子さんの作品を何か読んでみようと思い、近くの本屋さんで長すぎない本と思って探していたら、大長編以外では短編集の本書しか残っていなかったので、これにしてみました・・・。(みんな考えることは同じだ!)
    表題作の『ムッシュ・クラタ』のほか『晴着』『へんねし』『醜男』の4編を収...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月05日

    まだ読んでないこんなに面白い山崎作品があったことが嬉しい。
    壮大な作品よりこれくらいの短編や大阪商人もの、面白いなー、うまいなーー。
    表題作のムッシュクラタはおそらく、他にあまりないタイプの作品。
    フランスかぶれ、おしゃれすぎてかっこつけすぎてまわりに疎んじられていたような主人公の、知られざる半生、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月14日

    山崎豊子の短編を初めて読んだが、秀逸。表題作もいいし、へんねしもいい。最後のブ男は自分の器量を見定めろとの教訓を感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月11日

    読み終わったのはだいぶ前。でもムッシュクラタことは今でも、はっきりと脳裏に甦る。こんな人が居てもいい、と思わせる存在感があるムッシュクラタ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月12日

    山崎豊子を長編小説の人と思っていた私は、短編集を読むとまるで別人が書いているんじゃないかと思うほど、毛色の違う作品に驚かされる。

    長編大河とはまた違った、一話完結型の物語は、山崎作品を読破しようとするときのいいアクセントになると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月28日

    山崎豊子作品は『女系家族』に続いて2作品目。
    短編4作品からなるこの本ですが、表題の『ムッシュクラタ』はほかの3作品とは異なる感じでした。
    一人の人物を違う人の目で見るという書き方。
    人によってこんなにも違う、しかし同じ人物。

    ・・・・・
    こんなにレビュー書くのが難しいとは。。。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    社会派小説を書くことに定評のある山崎豊子であるが、この短編小説も非常に面白い。
    どろどろした人間関係を克明に描き出している、というか怖い。

    一番気に入ったのはやはり「ムッシュ・クラタ」であろうか。あんまりどろどろした人間関係を描いているのは好きではないというのがありますが^^;
    もちろん全て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月10日

    大好きな山崎豊子さんの中、短編集です。
    大阪の商人の生活や男女の艶かしい話を書くのが上手。社会派な小説家のイメージが強いけど、長編の有名な作品たちだけでなく、短編や中編も違った路線で面白いので読んでみてほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています