女系家族(上)

女系家族(上)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大阪・船場の老舗矢島家は代々跡継ぎ娘に養子婿をとる女系の家筋。その四代目嘉蔵が亡くなって、出もどりの長女藤代、養子婿をむかえた次女千寿、料理教室にかよう三女雛子をはじめ親戚一同の前で、番頭の宇市が遺言書を読み上げる。そこには莫大な遺産の配分方法ばかりでなく、嘉蔵の隠し女の事まで認められていた。……遺産相続争いを通し人間のエゴと欲望を赤裸々に抉る長編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
479ページ
電子版発売日
2011年10月07日
紙の本の発売
2002年04月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

女系家族(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    あまりいない同じ名前に惹かれて購入。
    面白くなってきましたね。最初は言葉も難しく、調べながら読んだ。不甲斐なし。
    女三兄弟は犬神家もそうだが、お互いを牽制しつつ、結束するとどこまでも酷い事ができて面白い。一癖も二癖もある宇市さんと共に、今後どの様な展開になるのか楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    (上下巻合わせてのレビューです。)

    久しぶりの山崎豊子。やっぱりテッパンです。

    姉妹3人の遺産相続にからみ、その周囲も巻き込んだドロドロ劇に
    読み手である自分もあっという間に飲み込まれていきます。
    山崎豊子のやり口が分かっているだけに、何となく先の展開が読めてしまいますが、
    それでも面白い小説で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月05日

    舞台は大阪・船場の代々続く米問屋。「御寮はん」だの、「大番頭はん」だの、いつの時代やと思ってたら、なんと昭和34年。戦後!?「わろてんか」に似てるから明治かと思った。主人公は三姉妹。次女が婿を取って家を継ぎ、三女は未婚、長女は・・・出戻り居候・・・うちと似ているところもあるけどこうはならないようにし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月12日

    面白くて一気に読んでしまった。
    作品に出てくる日本の美、景色、食事、着物を実物として思い浮かべることができなくても(着物の種類など知らないし)、その贅沢さ、美しさを感覚的に感じられ、ひきつけられる。

    女性の強さとは、欲と直結していて怖い、けれども人間らしく、そして美しいと感じられる作品である。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月09日

    五年位前に読んだ本だけど、今だに強い印象が残ってます。どろどろ、べたーっとした人間関係だけど、最後は爽快。山崎豊子さんの本で、唯一最後がスカッとした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月28日

    ずいぶん前に買ったままだった本。
    思い出して読む。
    ドロドロしていて、一昔前の昼ドラマのよう。
    いわゆる善い人は出てこない。大阪モノだが、笑うシーンも無し。
    調べたら、ドラマ化されていたそう。
    役者に、かなりの力量が求められると思った。
    秋の夜長に、充分楽しませてもらった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月12日

    久しぶりに山崎豊子さん。
    社会派で重厚な作品の多い山崎さんだが、この作品はちょっと違う角度かもしれない。

    大阪の老舗矢島家は、代々跡継ぎに婿養子を迎える女系家族。
    その四代目である嘉蔵が亡くなり、莫大な遺産を巡る三人の美しい娘たちと大番頭、嘉蔵の妾、娘たちを取り巻く人々の愛憎劇。

    簡単に書くとこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月08日

    山崎豊子ここにあり。

    女性ならではの豊かな情景描写で登場人物の感情の機微を巧みに描いてます。強欲、憎しみ、嫉妬、色欲など人間のギトギトした生々しい本性を遠慮なく盛り込んでいてぐいぐい物語りに引き込まれました。

    登場人物のキャラも立ってるし、物語りも骨太で文句なしです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月26日

    遺産相続争いを通し人間のエゴと欲望を赤裸々に抉る長編小説。
    格式ある船場の老舗の相続をめぐる色と欲と駆け引きが最後にどんでん返しがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月26日

    えげつなく面白かったです(笑)
    大阪を舞台にした小説を大阪にいるうちにもうちょっと読んでおこうと思って、手にとった本です。
    (電子書籍なんで手には取れないんですが)。

    1960年代と思しき大阪。老舗の木綿問屋が舞台。
    代々女子ばかり生まれ、能力のある男を婿にとって続いてい女系家族。
    つまりは女性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

女系家族 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 女系家族(上)
    693円(税込)
    大阪・船場の老舗矢島家は代々跡継ぎ娘に養子婿をとる女系の家筋。その四代目嘉蔵が亡くなって、出もどりの長女藤代、養子婿をむかえた次女千寿、料理教室にかよう三女雛子をはじめ親戚一同の前で、番頭の宇市が遺言書を読み上げる。そこには莫大な遺産の配分方法ばかりでなく、嘉蔵の隠し女の事まで認められていた。……遺産相続争いを通し人間のエゴと欲望を赤裸々に抉る長編小説。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 女系家族(下)
    693円(税込)
    長女藤代は踊りの師匠の梅村を相談相手にして、遺産相続を自分に有利にしようと画策する。それまでの慎ましやかだった性格からは想像できないきつい態度にでる次女の千寿。そこに番頭の思惑と、妾文乃が妊娠していた事実がからまって泥沼の様相を深めてゆく。だが、嘉蔵が生前周到に準備していた「胎児の事前認知」という驚天動地の方法によって金の亡者たちの野望に断が下される。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています