陽子の一日

陽子の一日

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ある女医の澄明な物語

還暦を迎えた女医・陽子のもとに届いた元同僚・黒田の「病歴要約」。ある春の一日に起きた出来事に人生の機微が滲む傑作小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年10月23日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

陽子の一日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年05月15日

    デビュー作ともいえる短編、文学界新人賞受賞作の「破水」の続編です。
    最近は趣味で始めた山行物が多かった南木作品ですが、今回は元に戻って医療現場を題材にした作品。「破水」では独身のまま子供を産む若い女医だった陽子ですが、この作品では既に還暦を迎え、前線から一歩引いた人間ドックの診療医です。
    そんな陽子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

陽子の一日 に関連する特集・キャンペーン