山行記

山行記

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「晴れた日の午前の針葉樹林の香りが、それまでに服用したあまたの精神安定剤よりもはるかに深く心身をリラックスさせてくれる作用があるのを知った」(本文より)

芥川賞受賞の翌年に心身を病んだ作家兼医師は、五十歳で山歩きをはじめた。
樹木の香りに精神が安定し、歩くことでからだ本来の働きに目覚めた作家は、蓼科山、浅間山から、ついには槍ヶ岳、白峰三山といった南北アルプスの高峰を若者にまじり踏破する。
人生を重ねた者が己のからだとこころで書いた異色の紀行文集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年06月03日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

山行記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月11日

    新穂高から笠ヶ岳と槍を通る周回や、北岳から農鳥までの大縦走が書かれていますが、声高になる事なく静かに淡々と時が流れて行きます。山行記ではありますが文学作品。良い本だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月22日

    内科の勤務医であり、芥川賞受賞作家が描いた山の紀行文集。

    山の面白さも描かれているのだが、それを手放しに楽しむことは出来ず、山の紀行文というよりも、著者自身が心の在処を探し続ける旅を綴っているように思えた。というのも、著者が芥川賞受賞後から鬱病に苦しみながらも、勤務医と作家の二足のわらじを履き続け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月18日

    芥川賞を受賞した作者が、その翌年からうつ病に苦しまられ、山を歩くことによって、うつ病と付き合っていくその山行を記したエッセイ集というか、短文集。はしはしにうつ病のことは書かれているが、登山というスポーツや趣味で発散していこうとする試みが記されている。楽しいだけの山登り文ではないけれど、きっと「山登り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月17日

    芥川賞作家・南木佳士さんの山行記。
    うつ病から逃れるために50歳を過ぎて山歩きを始めた南木さんが北アルプスや南アルプスに登った記録ですが、もちろん本格的な登山ではありません。青色吐息で稜線をよじ登る姿が浮かびます。
    私も若い頃、山に登っていました。もっとも、中四国の丸みたっぷりの山頂がほとんどでした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年04月11日

    2016/5/19 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
    2018/4/9〜4/11

    初めて読む作家さん。本屋で発見して購入。歳をとってからの登山。年甲斐もなく重いテントを背負っての長距離山行など、あなたは私か、っていうくらい重なった。機会があれば、小説も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています