北村薫の一覧

「北村薫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/04/24更新

ユーザーレビュー

  • 猫が見ていた
    「ハッチは念入りに顔を洗ったあと、今度は熱心に右手を舐め始めた。だからきっと、明日は雨のち晴だ」
    うちの猫はひとりはこの部屋の隅で丸まって寝ている。もうひとりは玄関の半開きにした網戸の外で寝転んで周りを見ている。今は。
    一日中猫をさがしているような気がする。よく外に出る猫なので、顔を見ると安心する。...続きを読む
  • 空飛ぶ馬
    原作を読んだ後の爽やかな読後感をまた味わえるとは…。
    ぜひ「円紫さんと私シリーズ」続編をお願いいたします!
  • 自分だけの一冊―北村薫のアンソロジー教室―
     ワークショップのワクワク感が伝わってくる語り口。
     小学生の頃、すでにアンソロジーを編んでいる。恐るべき子ども。
  • 猫が見ていた
    ジャケットの猫の目にやられた猫アンソロジー。
    短編が7作並んでいるけど、気に入ったのは柚月裕子さんの「泣く猫」だな。猫が脇でいい仕事をする。
    あと、「100万回生きたねこ」が感動の書なのか、絶望の書なのかは深いテーマだ。
    最後の猫小説傑作選も、また読まなきゃいけない本を増やしてくれる。
  • 猫が見ていた
    猫が好きな人もそうではない人も楽しめるアンソロジー。
    マロンの話はもっともっと読みたいと思いました。
    「三べんまわってニャンと鳴く」がこのなかではお薦めかな。読んでいる間は猫にいやされ、読後は心がほっこりします。
    「オールタイム猫小説傑作選」で読みたい本が増えました。こんなに猫に関係する本があるなん...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!