慈雨

慈雨

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

警察官を定年退職し、妻と共に四国遍路の旅に出た神場。旅先で知った少女誘拐事件は、16年前に自らが捜査にあたった事件に酷似していた。手掛かりのない捜査状況に悩む後輩に協力しながら、神場の胸には過去の事件への悔恨があった。場所を隔て、時を経て、世代をまたぎ、織り成される物語。事件の真相、そして明らかになる事実とは。安易なジャンル分けを許さない、芳醇たる味わいのミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
408ページ
電子版発売日
2019年06月07日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

慈雨 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    群馬県警を定年退職し夫婦でお遍路を巡っている元刑事のもとに群馬県警の元部下から、幼女殺人事件が発生したという連絡が入る。主人公は2ケ月にわたってお遍路を続けながら捜査に当たる元部下と連絡をとり続ける、という話。

    お遍路道中で出会う人達との一期一会の交流や、それぞれのお寺の描写は真夏の四国なのだけれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    読み終わった。何とも言えない安らぎがある。刑事を定年退職した神場と妻の四国お遍路の旅。それは償いとやり直しの旅だった。16年前に自分と上司の鷲尾が、当時のDNA判定による冤罪を、当時の県警トップの威信に屈せざるをえなかった苦痛。
    それを元部下、娘の夫になる緒方に託して真犯人を見つけ逮捕した。神場の粛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    文句無しの秀作!ダブル進行の上げ方と切り替え方は相変わらず絶妙だし、タイトルの「慈雨」、唸ります。ちょっと言葉が見当たらないぐらいの作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月31日

    「孤狼の血」にすっかりどハマりしてからの柚月裕子さん2冊目。

    妻への想い、娘への想い、かつての職場、同僚、後輩への想い。ちょっと独りよがりの考え方が、定年を迎えだ昭和男性にありがちでリアル。
    私財投げ打っちゃて筋を通そうとするなんて最後の最後まで独りよがりの自己満足ぽい所が残念だけど応援したくなる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    最後の寺を目指す神場と妻・香代子の2人に、慈しみの雨が降る。
    印象深いラストシーンに涙が出ました。
    柚月裕子さんの作品ですが、一気読み必至の作品です。

    警察官を定年退職した神場は、妻の香代子と共に四国遍路の旅に出る。
    旅先で出会う人々の優しさ、叶わぬ想いや様々な悲しみに触れる。

    実は、彼は、16...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    なんとも言えない気持ちになるお話だった。

    慈雨って造語なのかと思ったら、本当にある言葉なんだね。
    この言葉の響きとイメージにピッタリなお話だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月01日

    この著者が書く警察のストーリーはやはりジーンときてしまう。
    アツくて、使命感、誇りを持った刑事達。
    幼女殺人の捜査と八十八箇所巡礼が平行して進む。
    ページを開く手が止まらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    四国八十八ヶ所を巡礼しつつ、並行して幼女殺害事件発生から事件の解決へとストーリーが同時進行して行きます。

    16年前事件に関わった際の後悔・そして罪悪感から逃れられない神場の胸中が丁寧に細やかに描かれていて胸を打ちます。

    正義感は元より、警察官である前に人として真摯な姿勢を持つ緒方の生き様も魅...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月08日

    終わり方が繊細だと思った。
    こんな事本当にあるのかな??今のというか、昔から警官がこんなに冤罪について自責の念を抱えているのだろうか?なんか綺麗事に思えた。現実はこんな人達は居ないんじゃ?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月13日

    自分が過去に犯した失敗が脳裏に浮かんだ。
    自分と重ねてしまい、なかなか重かったけど、主人公の妻の前向きで全てを包み込むような人柄に救われた。

    四国巡礼、いつか挑戦してみたい!!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています