万城目学の一覧

「万城目学」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:万城目学(マキメマナブ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年02月27日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

京都大学法学部卒。第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞し2006年『鴨川ホルモー』でデビュー。『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』、『とっぴんぱらりの風太郎』などの作品がある。また『鹿男あをによし』はテレビドラマ化、『鴨川ホルモー』、『プリンセス トヨトミ』は映画化された。

配信予定・最新刊

NEW
週刊文春 2021年1月28日号

作品一覧

2021/01/25更新

ユーザーレビュー

  • 鴨川ホルモー
    何度読んだかわからないほど、何度も読み返しています。本当おもしろい!だいすき!
    読書苦手だった私が、読書好きになったきっかけを与えてくれた本です。奇想天外な展開と描写、なんだか得体の知れないヲニ、、だけれども人の心の部分はとってもリアル。甘酸っぱい青春がうらやましくなる。
    ホルモー六景と合わせて読む...続きを読む
  • 鹿男あをによし
    今回が2回目。奈良が好きで、でも行けないので、この本を読んで行った気分を味わいました。それくらい街中の実際の場所が出てくる。リアルな世界観の中で壮大なファンタジーが展開されていくのが、万城目さんの作品の面白さだと思う。
    中でもこの作品は歴史あり、おかしさあり、可愛さあり、ロマンス?あり、で特に好きで...続きを読む
  • パーマネント神喜劇(新潮文庫)
    主人公は「神」である。
    比喩的な意味ではなくて、神社に奉られている
    「本物の神さま」。

    他にも色々と「人間くさい」神さまが登場して、
    「千年間縁結び神社で仕事していた神さまが
     昇進試験を受けて格上の神社を担当するかどうか」
    みたいな話が、一応のメインストーリー。

    それと交互に、神さまによって大...続きを読む
  • プリンセス・トヨトミ
    俺を読書に導いてくれた本。こんな万城目ワールド全開で、ぶっ飛んだ展開なのにどこかリアリティがある。万城目学作品の魅力が詰まった最高傑作。
  • プリンセス・トヨトミ
    大阪の日常文化が垣間見えるのが興味深かったです。そうした細やかな日常描写の一方、物語の柱となる壮大な陰謀が急に現れ、スリリング&スピーディーな展開となります。万城目作品は良作揃いですが、こちらも間違いないと思います。