「万城目学」おすすめ作品一覧

「万城目学」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:万城目学(マキメマナブ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年02月27日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

京都大学法学部卒。第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞し2006年『鴨川ホルモー』でデビュー。『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』、『とっぴんぱらりの風太郎』などの作品がある。また『鹿男あをによし』はテレビドラマ化、『鴨川ホルモー』、『プリンセス トヨトミ』は映画化された。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • 鴨川ホルモー
    今回で読んだのは3回目。何回読んでも面白い。どうやったらこのような話を創作できるのか、作者の頭の中を覗いてみたい。話の内容の奇抜さだけではなく、情景や感情の描写も堅苦しすぎず、緩すぎず、読んでいて楽しい。自分が小説を書くなら、こんな小説を書いてみたいと思う。
  • かのこちゃんとマドレーヌ夫人
    1710 猫と犬と少女の物語。平凡な日常にスポットライトを当てて、ここまで面白可笑しく出来るのはさすが!笑いあり涙ありで楽しく読めました。読後の爽快感も好き!
  • 鴨川ホルモー
    現実とファンタジーが入り混じっており、かつ私の大好きな大学生の悶々とした感じとか変な自信がもろに出ていて面白かった。
  • 鴨川ホルモー
    映画になっていたのは知ってたけど、ホルモーって何!?と思ってたし、ドタバタコメディなのだろうなぁと思ってた。万城目さんなので、期待はしていたけど。

    けど、けど、面白かった。ドタバタコメディなのかもしれないけど、ほんとまんまと万城目ワールドに引き込まれました。
    この物語を生み出す思考回路に脱帽です...続きを読む
  • 鴨川ホルモー
    森見登美彦の雰囲気を感じる京都の描写と情けない主人公。
    一見馬鹿馬鹿しい内容ながらしっかり青春していて、どこかほのぼのしてもいる。

特集