かのこちゃんとマドレーヌ夫人

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

かのこちゃんは小学1年生の女の子。玄三郎はかのこちゃんの家の年老いた柴犬。マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの猫。ゲリラ豪雨が襲ったある日、玄三郎の犬小屋にマドレーヌ夫人が逃げこんできて……。元気なかのこちゃんの活躍、気高いマドレーヌ夫人の冒険、この世の不思議、うれしい出会い、いつか訪れる別れ。誰もが通り過ぎた日々が、キラキラした輝きとともに蘇り、やがて静かな余韻が心の奥底に染みわたる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
かのこちゃんとマドレーヌ夫人シリーズ
電子版発売日
2013年03月14日
紙の本の発売
2013年01月
サイズ(目安)
1MB

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月24日

    小学1年生の女の子と、気ままに暮らす猫に訪れる、ちょっと不思議な日常の物語。
    心がほっこり温かくなった。
    万城目学さんの比喩表現が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月31日

    2022年最後の本

    期待を裏切らない、素敵なお話でした!

    かのこちゃんみたいな、大人びた1年生では、とうていなかった自分…しかし、姪はちょうど1年生で、意外と大人びた言葉を知っているので、少し重なる部分もあり。
    そして大好きな猫が登場するので、本当に幸せな一冊でした。

    それにしても、万城目さん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月18日

    無邪気な小学1年生の女の子と、落ち着いた猫の素敵なお話。
    出てくる人も犬も猫も、みんないい味出してました。

    となりのトトロを観た後のような、懐かしくて温かい気持ちになりました。
    猫好きにもおすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月03日

    万城目さん初読み。
    でも、チェックしたら『バベル九朔』のドラマは見てた。
    それにしても、マドレーヌ夫人、なんて素敵なんだろう。
    最初、猫の集会で話しに出た「主人」とか「外国語」とかがぴんとこなかったのだけど、読み進めるうちに明らかになって、そういうことか!と納得。
    マドレーヌ夫人と犬の玄三郎さんの関...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月22日

     猫のマドレーヌと犬の玄三郎が「夫婦」というところにぐっときた。
     かのこちゃんの日常生活も、きらきらしている。
     優しさと穏やかさの中にちょっぴりだけ悲しさがある物語。心が温まる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月13日

    かのこちゃんとすずちゃんの純粋で知恵が啓かれた感じ、マドレーヌ夫人の品格、お父さんお母さんの飄々としたかんじ、好き。
    情景の描写、比喩がすばらしいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    まさかこんなに笑いと温もりに溢れた本だったなんて…嬉しい誤算。素敵な一冊でした♪

    *かのこちゃん
    *マドレーヌ夫人
    上記は外出先で読むのは危険なのでご注意を!

    小学1年生の感性って色々すごいです。
    健やかに元気いっぱい、毎日全身で生きて楽しんでるって感じ。
    外国語を話せるアカトラの猫・マドレーヌ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    小さな成長物語

    まつげ 2015年09月20日

    小さな女の子と、人間と犬の言葉を理解する猫との、少し不思議な物語です。
    小さな女の子、かのこちゃんの成長と、それを温かく見守る両親と、一緒に成長する親友のすずちゃんとの心温まる小さな物語。そこに不思議な猫のマドレーヌ夫人がかのこちゃんを優しく手助けをする、読んだ後に心が少し暖かくなる本です。
    また、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月01日

    かのこちゃんがなんとも言えないくらい愛らしいこどもだった。すずちゃんとの友情、ねこのマドレーヌ夫人の不思議な体験なども、相手を思っている気持ちが十分に伝わってきた。ねこが走る描写や線香花火を表す描写など、素敵な表現が印象的でもあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月17日

    万城目氏の他の小説とはだいぶ毛色が違う作品だ。
    子どもの頃に犬か猫を飼っていた人は特にじんわりと感動が押し寄せるであろう。
    本書は、主人公の女の子かのこちゃんとその家の飼い犬と飼い猫、そしてクラスメイトの女の子との交流の話である。
    大人が子どもの視線で書く小説はややわざとらしさが目に付く気がしてあま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング