プリンセス・トヨトミ

プリンセス・トヨトミ

作者名 :
通常価格 849円 (税込)
紙の本 [参考] 853円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

このことは誰も知らない──四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京からやって来た会計検査院の調査官三人と、大阪下町の空堀(からほり)商店街で生まれ育った少年少女だった。秘密の扉がついに開くとき、大阪が全停止する!? それは五月末日の木曜日、午後四時のことであった。『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』で知られる奇想天外な万城目ワールドの、これぞ真骨頂。映画化原作。特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も収録。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
554ページ
電子版発売日
2011年04月28日
紙の本の発売
2011年04月
コンテンツ形式
EPUB

「プリンセス・トヨトミ」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年04月13日

映画先行で中身を知った作品。

登場人物の性別が違っていたり、うろ覚えの内容だったけど、原作はやはり面白い。

万城目さんらしい
突飛押しもない世界と現実の混ざる感じが

「本当の事かもしれない」

というワクワク感が
私にはとても心地が良い。

大阪城

ちょうど去年行ったけど
また行きたくなりま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

ついに来ました!
『鴨川ホルモー』の京都、『鹿男あをによし』の奈良に続いて『プリンセス・トヨトミ』にて我が愛する故郷"大阪"!!

ありえへん話である事は重々承知やねんけど、読めば読むほど現実である様な気がしてきます。
大阪人が400年も守ってきた物を、僕の心にもずっと持ち続けて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月25日

400年前から続く大阪人の本音を垣間見た気がした。大阪愛がうらやましい。とっぴんぱらりの風太郎のエンディングとも繋がってる感があった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月26日

これきっとホントのことだ・・・って思いたい(笑)
大阪、大阪城、商店街のお好み焼き屋・・・
散策しに行きたいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月26日

戦国時代好きにはたまらない、名前のオンパレード!
ついでに、大坂城について、調べてしまった♪
いやいや面白かったです。
映画はペケ。
やっぱり旭は女性だね。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,496

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!