「雫井脩介」おすすめ作品一覧

  • 作者名:雫井脩介(シズクイシュウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年11月14日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

専修大学文学部卒。1999年「内流 悠人(ないる ゆうと)」名義で『栄光一途』で第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞。2000年同作でデビュー。『犯人に告ぐ』で2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位となり、2005年第7回大藪春彦賞を受賞し映画化もされた。『クローズド・ノート』も映画化された。その他作品に『火の粉』、『ビター・ブラッド』などがある。

作品一覧

2017/06/16更新

ユーザーレビュー

  • 犯人に告ぐ : 2 闇の蜃気楼

    「犯人に告ぐ」で初めて雫井さんを知り、やられてしまったわけだけど、この2は某所で評価が低かったためなんとなく今まで手を出せずにいた。でも、読んでみるととてもおもしろかった。思わず犯人の側についてしまい、成功を祈ってしまったほどだ。巻島警視と淡野の頭脳戦も深かったし、身代金受け渡しの場面はドキドキした...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 望み

    自分の家族が行方不明になり
    関連していると思う殺人事件が起きる。
    加害者なのか被害者なのか分からず
    ネットで色んな憶測が飛び交う中
    加害者のわけがないと信じるか?
    でもそれは死を意味すること…。
    加害者としてでも生きていて欲しいか?
    どちらにしても不幸で
    事件とは無縁に普通に生きられることのありがた...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 望み

    帰ってこない息子。
    加害者なのか、被害者なのか。
    どちらでも、状況は最悪。

    先が気になって、一気に読めますが、どうにも暗い気持ちになりました。

    私には子供がいなくて良かったとつい思ってしまう。

    Posted by ブクログ

特集