青崎有吾の一覧

「青崎有吾」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:青崎有吾(アオサキユウゴ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1991年
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:作家

2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。代表作に『水族館の殺人』、『裏染天馬シリーズ』がある。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
yom yom vol.60(2020年2月号)[雑誌]

作品一覧

2020/01/17更新

ユーザーレビュー

  • ノッキンオン・ロックドドア2
    ちょっと、いやかなり屈折したバディもの。えー!っという結末。完全に物語に引き込まれていたので不意を突かれた。けれど、ここからまた物語が始まるんだろうと思う。これは良い〜とても良い〜!
  • 早朝始発の殺風景
    微妙に繋がりがある短編集。
    一つ一つの話がロジカルで面白い。早朝始発の電車に乗る必要性とは等なかなかユニークな謎ではある。
    まさか殺風景が人の名前とは思わなかった。
  • 体育館の殺人
    素晴らしい。
    精緻な論理で紐解かれる密室の謎。ゾクゾクした。
    読者への挑戦でちょっと考えてみようかなって考えたけどまったくわからなかった。
    続編読んでみよう。
  • 風ヶ丘五十円玉祭りの謎
    青崎有吾の裏染天馬シリーズ第3弾は短編集
    サブキャラにスポットを当てた、所謂スピンオフ的な短編集です。
    長編で2作品を読み、キャラが立ってきた所で、この展開・・・こーゆーのが大好きです(^_^;)
    米澤穂信「古典部シリーズ」や今野敏「隠蔽捜査シリーズ」にも存在しましたが、これがシリーズ物の醍醐味??...続きを読む
  • 水族館の殺人
    青崎有吾の裏染天馬シリーズ第2弾
    横浜の小さな水族館のサメ展示水槽で起きた殺人事件を、天才高校生が解決するラノベテイストの物語です。
    そして今回も、超!本格指向で描いています。
    続けて読んだので、大分キャラも立ってきて、楽しいです(^_^;)しばらくシリーズ読み進めたいと思います。