村木嵐の作品一覧

「村木嵐」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/12/07更新

ユーザーレビュー

  • まいまいつぶろ
    8代将軍吉宗の嫡男として生まれながら、障がいのため会話も筆談も不可能だった家重が、家重の言葉を聞き取れる大岡忠光を得て、将軍職を全うする。主従の絆を描いた感動作。お勧めの一冊。
    主従の絆が中心ですが、将軍の代替わりに伴う幕閣、大奥の思惑や、吉宗の苦悩などもあり、サスペンスとしても楽しめました。
  • まいまいつぶろ
    昨年、直木賞を受賞した「極楽征夷大将軍」を手に取ったの...でついで買い⁉︎した当作品。
    先に読み終えてしまった。
  • まいまいつぶろ
    生まれながらの障碍の為、書く事、喋る事、下半身の機能の出来ない8代将軍の第一子と、彼の「クチ」となり支え続ける大岡忠光の物語。将軍の後継問題も絡み不穏な動きもあるが、二人の揺るぎない関係が爽やか。
    「もう一度生まれても、私はこの身体でよい。忠光に会えるのならば」幾度目かの号泣、タオル必携。
  • まいまいつぶろ
    生まれつきの体の障碍体の障碍で話すことも書くこともままなら将軍家の跡取り家重。 忠光との出会いが二人の人生を大きく左右していくことに。家重の忠光に対する思いは、まさに最後の言葉に表れていました。人は人と出会って初めて人となるんだなと思います。
  • まいまいつぶろ
    ラストシーンがドラマ。
    田沼意次がそれほど悪く描かれていない点では
    羽州ぼろ鳶組シリーズがあるが圧倒的少数派だろう。

    そして「将軍の子/佐藤巌太郎」を思い出した。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!