柚木麻子の一覧

「柚木麻子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:柚木麻子(ユズキアサコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1981年08月02日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

立教大学文学部フランス文学科卒。2008年にオール讀物新人賞を受賞。受賞作『フォーゲットミー、ノットブルー』は『本の雑誌』上半期エンターテインメントランキングで3位となる。2013年には『嘆きの美女』がテレビドラマ化される。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/04/15更新

ユーザーレビュー

  • BUTTER(新潮文庫)
    実際にあった事件を元にしていることもあり
    話の内容はとても面白く、でも何故か重くもあり
    1ページ1ページ、どっしりとしていて
    読み進めるのに時間がかかる。
    そんな本だった。

    バターひとつでこんなに沢山の表現ができるのか
    と感心してしまうくらい豊富な表現だった。

    バター醤油ごはん、バター醤油餅、た...続きを読む
  • BUTTER(新潮文庫)
    私が日々を過ごしていくなかで、家事とか恋愛などについて抱くモヤモヤについて、主人公と一緒に考えていくような感覚で読んだ。登場人物のセリフや主人公の気付きには、そのつど共感したり膝を打ったりするんだけど、ひとつ噛み砕いて味わう前にもうひとつ共感ポイントがあったりするので間に合わない。この重厚感、まさし...続きを読む
  • 3時のアッコちゃん
    今回もアッコ女史に癒されました。
    元部下澤田さんにブラック企業で働く悩めるOLさんも助けてしまう姿は本当に素敵です。
    3話、4話を読んで大阪に行きたくなりました。
  • 本屋さんのダイアナ
    矢島ダイアナ、小学三年生の女の子。自分の名前が大嫌い。さらにダイアナは漢字で「大穴」と書く。もう出だしで掴まれた。

    これは絶対面白いはず、という期待は半分は当たって、半分はいい方に裏切られた。
    コミック的な面白さを期待していたのだが、それだけではなかった。
    8才から20才に至る彩子とダイアナの紆余...続きを読む
  • BUTTER(新潮文庫)
    現実に起こったあの「木嶋佳苗事件」を
    連想させる内容です。

    ライターである主人公が、獄中の婚約者
    や交際相手を何人も殺した容疑者との
    対話が繰り広げられ場面が続きます。

    その中身を通して現代の女性の生きづら
    さが、これでもかというくらい突きつけ
    られます。

    男性が読むべきは、前半のこれらの女性...続きを読む