柚木麻子の一覧

「柚木麻子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:柚木麻子(ユズキアサコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1981年08月02日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

立教大学文学部フランス文学科卒。2008年にオール讀物新人賞を受賞。受賞作『フォーゲットミー、ノットブルー』は『本の雑誌』上半期エンターテインメントランキングで3位となる。2013年には『嘆きの美女』がテレビドラマ化される。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/03/15更新

ユーザーレビュー

  • あまからカルテット
    とてもおもしろかった!
    ぼくの好きな「料理」「女の友情」という2大テーマを存分に味わうことができる至極の小説です(笑)

    美味しいご飯の描写を読むと心がホッコリしますね。食事はほぼすべての人に共通して楽しめる趣味の1つだと思うのですが、そこを丁寧に描くことができることで多くの人の心を掴むことができる...続きを読む
  • BUTTER
    すごく読み応えがあると同時にお腹がすきました笑
    おそらく東京のお店なので行けないけれどレシピがあるものは作ってみたいな、と思わせられました。

    主人公の上下する人生があまりに胸が痛くなりました。
    でも木嶋佳苗の手記を読んだことがあるわたしとして一見、正論に思える言葉にハマってしまった経験があります。...続きを読む
  • 本屋さんのダイアナ
    柚木先生の小説は2人の対照的な女性を描いているものが多く、本屋さんのダイアナもそのうちの1作である。
    風景が想像しやすく、また25歳の私にとって登場人物に感情移入しやすく、今までの人生の中での友人との関わり方を考えさせられた。
  • ランチのアッコちゃん
    シンプルに、読んで元気・ポジティブになれる本でした!3時間もかからず、サクッと読める軽い文体・文章量なのも良かったです。

    物語が展開する上で、要所要所に出てくる食べ物の描写に特に強いこだわりを感じました。
    美味しい食べ物を食べることが好きなんだなということが物語を通じてよく伝わってきたので、著者の...続きを読む
  • 本屋さんのダイアナ
    書店で購入した数冊の本の中で、
    本屋さんのダイアナという本が
    とっても当たりでした。

    ダイアナの境遇、
    名前や育ちに対する葛藤。
    まるで自分の鏡を見ているようで。

    初対面のダイアナとは正反対のお嬢様、
    彩子にコンプレックスをことごとく肯定される描写に
    自己評価と他人からの評価はこうも変わるのかと...続きを読む

特集