けむたい後輩

けむたい後輩

作者名 :
通常価格 606円 (551円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ただ、認めてほしいだけ。
14歳で作家デビューした過去があり、今もなお文学少女気取りの栞子は、世間知らずな真実子の憧れの先輩。二人の関係にやたらイラついてしまう美人で頑張り屋の美里は、栞子の恋人である大学教授に一目惚れされてしまう――。名門女子大を舞台に、プライドを持て余した女性たちの嫉妬心と優越感が行き着く先を描いた、胸に突き刺さる成長小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2016年12月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

けむたい後輩 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年08月09日

    栞子と真実子、どちらに共感するかと聞かれたらわたしは真実子に共感してしまう。
    憧れの先輩栞子に振り回され、なにをするにも栞子中心で物事を考え行動する。空気を読めず、次第に栞子にも邪険に扱われていきます。

    わたしも人との距離がうまく取れなくて、「素敵な人だなぁ」と思うと、その人の好きな音楽や小説など...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月04日


    自分はもっとできる、と周りに偉そうに言いながら
    実際はいつまで経っても何もしない栞子みたいなタイプいるいる。
    わたしにも栞子的要素があるなと思って、嫌だなと思いながら、そしてだから真美子に成功されたらなんかやだなとどちらかというと栞子の目線で読んでました。笑
    栞子目線で読むと最後かなりゾクっとする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月08日

    いるいる、こんな女の子たち。リアルに感じすぎて途中でイライラして本を閉じたくらい。でもまた読む。この繰り返し。最後はすっきりした。こういう終わり方はとても好き。この作者の他の作品もいろいろ読みたいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月28日

    真美子の成長物語で終わるのかと思ったら、オチにスカッとした。
    真美子のグサッと心をえぐるような本質を突いた言葉によって、栞子の誤った自尊心が明るみになっていく。
    物語のカラーが一気に変わった瞬間が見事だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月03日

    実際の横浜周辺の聖地巡礼ができるので、行ったことが無い人は本書をたどって散策してみるとよい。
    クリエイターなる者は国家資格じゃないので、似非と本物の差が宇宙規模になる。
    他者に受け入れられない自分みたいな矮小で被害妄想な自己なら創作をあきらめた方がいい。
    嫉妬とは賞賛なのだ。
    100%の人に認められ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月29日

    おるー!こういう人!と思いながら読んでて、でも途中でモヤモヤしてきて、モヤモヤモヤモヤしてたら最後ちゃんとすっきりして安心!最後の5ページぐらいだけ何回も読んでしまった。スカッとしたいときにおすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月20日

    素直さは、尊く、そして時に暴力になる。みんな素直に生きたい。だけど、自分に負け言い訳をして生きている。そんなことをしてる間に素直な人はどんどん進んでいく。誰も栞にはなりたくないけどほとんどの人が栞なんだろうな。進めないことは、本当につらい。そして、楽でもある。自分は、どっちに行きたいのか?たまに読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月31日

    面白かった!
    最初は少女趣味すぎるなぁ、女子中学生向けエンタメ系小説だなー、面白いけどイマイチかなぁ、と思いながら読み進めていたけれど、後半引き込まれて夜更かし。
    真実子の才能が都合よく話を進めすぎな感はあるけど、嫉妬とか焦りとかがあるあるで、我が身を振り返りつつ読んだ。

    柚木麻子の他の小説でも「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    14歳の時に詩集を発刊した増村栞子。世間知らずで病弱な羽柴真実子。そして、飛び抜けた美貌とスタイルをもった努力家の浅野美里。3人が通う名門女子大を舞台に繰り広げられる「女同士の人間関係」。彼女たちの4年間とは…。

    これはスゴい!恐らく女性にしか分からないかもしれない微妙で厄介で面倒なんだけど分かる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月09日

    自分のことを忠犬のように慕ってくれる後輩を利用し、思い通りにいかないと疎ましくなり遠ざけ、いつでも男を優先する。
    そんな栞子をクズだと思いながらも、分かってしまうところがなんとも。

    自分より能力が低いと思っている人が成功していたらとても悔しいし、嫉妬にまみれた気持ちになる。

    やっぱり柚木さんのこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています