踊る彼女のシルエット

踊る彼女のシルエット

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

義母が営む喫茶店を手伝う佐知子と芸能事務所でマネージャーをする実花。出会ってから十六年。趣味にも仕事にも情熱的な実花は、佐知子の自慢の親友だった。だが、実花が生み育てたアイドルグループが恋愛スキャンダルで解散に追い込まれたのをきっかけに、彼女は突然“婚活"を始める。「私には時間がないの」と焦る実花に、佐知子は打ち明けられないことがあり……。幸せを願っているのに、すれ違ってしまう二人が選ぶあしたとは。揺れうごく女の友情を描く長編小説。『デートクレンジング』改題。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2021年04月15日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
2MB

書店員のおすすめ

男に媚びない、というポリシーで活動してきた5人組女子アイドルグループ「デートクレンジング」。
彼女たちが解散した後、その女性マネージャー・実花が婚活にチャレンジする様子を、親友の既婚者・佐知子の目線から描いたストーリー。

結婚に対する社会的な風潮への疑問視が、きれいごとではなく自然な流れで描かれていて安心しました。
特に、ジェンダー的な目線でアイドルを運営してたことを誇りに思っていた実花が、婚活市場では男ウケを狙わないといけないというジレンマに翻弄されていく場面は本当に胸が痛くなりました。
そして同じように、「独身の女性と、先に結婚してしまった女性の友情は本当に続くのか」というテーマも、身近に感じている悩みだったので、登場人物たちの一緒に悩むことができて、救われた気持ちになりました。

そして、作中に登場するアイドルたちのその後の人生も素敵です。
アイドルのファンである著者だからこそ描ける、祈りのような理想に、しみじみと感動しました。

何かを必死で応援したことがある、悩める女性たちに読んでほしい一冊です。

踊る彼女のシルエット のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月08日

    オタクに対する大きなリスペクトが伝わるので調べたところ、やはり柚木麻子さんもハロプロのオタクのよう。嬉しい。

    年代に限らず、人生の選択肢を迫られたり焦らされるステージに立ってる人に是非読んでほしい。
    更に「推し」がいる生活をしている人には強くお勧めしたい。

    好きなセリフがありすぎて選べないけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月28日

    大人の女性の友情とは。かつて憧れだった親友の婚活に振り回される主人公。誰かを推すって楽しいことばかりじゃないけど、一度はやってみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月07日

    二人の女性の友情を描くが、その一人がアイドルグループのマネージャーだった経緯から、「アイドル」「推すこと」が横軸にテーマとして突き刺さるような構造。さらに、立体的には、結婚出身や世間からの抑圧を軸として立てている。

    登場人物の誰にも共感しきれないものの、そのそれぞれの好きなところや魅力的にうつる部...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月30日

    3.5かな
    女にはいろんなしがらみがあるけどまあそんなんは置いといて自分の好きなようにしてもいいんじゃない?って感じの話。いかにも柚木さんらしい。同意である。が、世の中では難しいんだろうなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月27日

    「結婚しなきゃ」「子どもを産まなきゃ」だけでなく,誰もが呪いにつきまとわれていると思う。それでも,呪いをはね飛ばそうとしたり,囚われている友だちを何とかしようとする主人公の行動力は,爽快でおもしろい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月26日

    アラサー 女性に迫り来る言いようのない「時間の無さ」。
    頷けるところ、苦しくなる所、いろんなことを感じられる物語だった。
    それと同時に「隣の畑は青く見える」とはやっぱりその通りで、自分の中にしっかりとした軸があればグラグラ揺れたりしないんだろうなと、今までとこれからを見つめ直す良いきっかけが得られた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    『踊る彼女のシルエット』柚木麻子

    「デートクレンジング」改題で文庫化。読まなきゃと思ってたら早速文庫化されていたので即購入。

    ぜったいこれ好きなやつ…しかもジェーン・スーさん解説…と前のめり気味で読んだ。

    義実家の喫茶店を手伝う佐知子と、アイドルグループのマネージャーをする実花。だが、そのアイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月24日

    婚活市場で自分らしさを見失うミカの姿が辛かった。ありのまま受け入れてくれる人を見つければいいと思いつつも、自身の年齢の焦りもあるし結婚に対する世間の風当たりもある。結婚に何を求めているのか、何が自分にとって幸せなのか、それが見いだせないと自分がわからなくなってしまう。結婚、出産を経て佐和子とミカの二...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月26日

    ん?なんか読んだあると思ったらデートクレンジングの改題とのこと。前回はかなりずしんと来たが、今回はそういう環境にないからか、さらっと読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月23日

    読んでいて楽しくなかった。

    佐和子や実花、ガツガツ婚活する芝田など、自分らしさ、自分がどう生きるのが幸せなのかよりも、
    世間が求める(と思っている)女性としての生き方を求めてしまう(求めざるを得ないと自分で縛っている)苦しさがしんどかった。

    独身で婚歴がないと変わり者、出産こそ女性の幸せ。母親に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

双葉文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング