「垣根涼介」おすすめ作品一覧

「垣根涼介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:垣根涼介(カキネリョウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1966年04月27日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:作家

筑波大学第二学群人間学類卒。『午前三時のルースター』で第17回サントリーミステリー大賞、読者賞ダブル受賞。2004年、『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞。三冠受賞は史上初。『午前三時のルースター』、『君たちに明日はない』はテレビドラマ化されている。

作品一覧

2018/08/31更新

ユーザーレビュー

  • 室町無頼
     応仁の乱の前に、時代を揺るがす波は来ていたのか。
     正直スケールの小さい時代物や、又かと思う話は読みたくない。そんな思いを気持ちよくひっくり返してくれる。
  • 信長の原理 【電子特典付き】
    今年、いやここ数年読んだ歴史小説の中でも1番のおもしろさ。
    信長の生涯と本能寺の変に至るストーリー展開の着眼点が素晴らしい。
    たぶん今まで信長を描いた小説の中で一番腹に落ちた作品だと思います。
    いわゆる「働きアリの法則」を見事に小説の中味に入れ込み、
    それを元に信長、秀吉、光秀らの頭の中を色分けした...続きを読む
  • 信長の原理 【電子特典付き】
    蟻を用いた試みにより、信長は「ある原理」を確信し、秘かに危惧する。やがて案の定、織田家を裏切る者が続出し始め…。信長の内面と「本能寺の変」の真実を抉り出す。

    「光秀の定理」に次ぐ垣根涼介の歴史巨編。「うつけ者」と蔑まれた信長が、矛盾にあふれた人格にもかかわらず天下統一を成し遂げたのはなぜか。作者は...続きを読む
  • 借金取りの王子-君たちに明日はない2-
    垣根涼介さんの「君たちに明日はない」の
    続き。この作品好きだったので続編は嬉しい。

    リストラ請負会社の面白社員(わたし的に)の
    痛快(個人的に)小説。
    (リストラする方もされる方も現実にはアレですが
    これは小説だから、面白く読みます。)

    社会問題ですから、現実なら悲痛ですが
    読んでるとスカッとし...続きを読む
  • 信長の原理 【電子特典付き】
    どんな信長像を描くのかと楽しみに読んだ。
    結果から言うと、凄く良かった。たぶん何度も読む。
    近年最高の読書体験であった。

    蟻がどうとかの話はともかくとして、諸説有る本能寺の真相はあんな感じだったのではないかと素直に納得した。
    自分の敵は自分、信長の猜疑心が自らの陥穽を創り出し、光秀もまた自縄自縛に...続きを読む

特集