「垣根涼介」おすすめ作品一覧

「垣根涼介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:垣根涼介(カキネリョウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1966年04月27日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:作家

筑波大学第二学群人間学類卒。『午前三時のルースター』で第17回サントリーミステリー大賞、読者賞ダブル受賞。2004年、『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞。三冠受賞は史上初。『午前三時のルースター』、『君たちに明日はない』はテレビドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • 光秀の定理
    これは確かに歴史小説だ。だが、その一方でこれほどロジカルな歴史小説は初めてだ。
    真の主人公の二人が光秀の本能寺の変を解釈しているところを読むと、分かりきっていたはずなのに、確かにそうだ、と納得してしまう。本能寺の変は必然的なものだったのだと。
    しかし、個人的には細川藤孝の名脇役ぶりが際立っていて、こ...続きを読む
  • 迷子の王様-君たちに明日はない5-
    何度も読み返すいい言葉があって、やっぱり前向けてすっと心も軽くなれるとてもいい余韻。
    このシリーズラストだったのか。まだまだ読みたい。
  • 室町無頼
    とてもかっこよくおもしろかった。
    てっきり応仁の乱の話だと思っていたけど、前日譚的なものですね。
    飢饉や疫病で苦しむ農民や牢人たちが土一揆起こす話で、わーほんと題材が地味。
    それでも確かにその時代その場所で必死に生きて足掻いて何かを成そうとしてた人たちはいるわけで。
    この先行きの時代を考えるとますま...続きを読む
  • ワイルド・ソウル(下)
    ただただ面白い。
    この本に巡り合えたことを幸せに思う。
    史実に基づいた背景のインパクト、
    入念に形作られたキャラクター、
    そして彼らが起こす復讐劇ということなのだが
    それだけにとどまらないところがすごい。

    一気読み
  • 室町無頼
    とても面白かった。現代に生きる我々からも理解しやすい理で歴史を描いているイメージ。
    特に、唐崎の老人との別れが強く印象に残る。
    「堅固であれ。」
    あっさりとした、それでいて愛情を感じるシーンが多々あった。
    著者の別の歴史小説も早々に手に取りたい。

特集