垣根涼介の一覧

「垣根涼介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:垣根涼介(カキネリョウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1966年04月27日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:作家

筑波大学第二学群人間学類卒。『午前三時のルースター』で第17回サントリーミステリー大賞、読者賞ダブル受賞。2004年、『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞。三冠受賞は史上初。『午前三時のルースター』、『君たちに明日はない』はテレビドラマ化されている。

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/09/30更新

ユーザーレビュー

  • 迷子の王様-君たちに明日はない5-
    ついに完結してしまったシリーズ小説。読み終わってしまうのが惜しいとここまで思うのは稀でした。終わり方も、絶妙の一言。決まった結論を求めない、このシリーズらしい。
    「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と問いかけ続けるこのシリーズ。将来に悩みや不安のある全ての人々に猛烈に勧めます。
    「その時点その時点...続きを読む
  • 光秀の定理
    歴史小説に対する自分の中のルールが崩されたかもしれない……。

    歴史小説は、史実や歴史上の出来事を神の(作者)の視点から、何らかの意味づけであったり評価したりするものだと思っていました。そして、歴史小説はあくまで歴史上の有名人物が中心であることは当然だと思っていました。

    この『光秀の定理』はもちろ...続きを読む
  • 光秀の定理
    この本を買ったのは、今から約1年前のこと。
    2020年のNHK大河ドラマの主人公が明智光秀だと知り、早乙女貢さんの『明智光秀』を買ってしばらくしてから、こっちの光秀本も読んでみようと思ったのでした。
    ですから垣根涼介さんの著作を読んだのもこれが初めてです。

    読み始めるのがちょっと遅くなりましたが、...続きを読む
  • ワイルド・ソウル(上)
    戦後日本政府の募集でブラジルに渡った日本人たち。彼らはすでに田畑や家がありお金を稼ぐことができると信じ、未知の地へ発った。しかし入植地は密林で、移民らは病気で次々と命を落とした。

    現実にその様なことが起こっていたと考えると、なんとも無念である。
    国を信じたのに、国に裏切られる。

    それから生き残り...続きを読む
  • 永遠のディーバ-君たちに明日はない4-
    早くもシリーズ4作目。読み進めていく上での安定感が半端ない。残り1作で完結してしまうのが惜しい、長編でこの感覚は久しぶり。
    話が進むたびに、「人生人それぞれ」「価値観人それぞれ」というメッセージ性が強くなっているように感じる。そしてそれらが、おそらくは誰もが直結する「働く」ということ。自分にとっての...続きを読む