「垣根涼介」おすすめ作品一覧

「垣根涼介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:垣根涼介(カキネリョウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1966年04月27日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:作家

筑波大学第二学群人間学類卒。『午前三時のルースター』で第17回サントリーミステリー大賞、読者賞ダブル受賞。2004年、『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞。三冠受賞は史上初。『午前三時のルースター』、『君たちに明日はない』はテレビドラマ化されている。

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • 迷子の王様-君たちに明日はない5-
    全体としてこれまでのリストラ屋の村上のトーンから、大分に変わった感じ。
    今回は前半と後半で話が変わっている。
    前半はこれまでのリストラ屋の村上の物語。後半は村上の会社が時代を反映してなくなる件から、再就職について色々と考えるところが描かれている。
    前半はなんだかサラリーマンの応援歌のように感じて読ん...続きを読む
  • 借金取りの王子-君たちに明日はない2-
    リストラ面接代行業者の主人公が、リストラを宣告してゆく。リストラを宣告されるのは百貨店の総合職、旅館の従業員、サラ金屋、生保社員。。。フィクションなんだがどこにでもいそうな人たち。
    リストラを宣告された人の反応は普通ならば動揺だろうが、ここに出てくるの登場人物はそのお達しを次のステップに有機的につな...続きを読む
  • 月は怒らない
    ひとの救いのない絶望感に焦点を当てて記述し、しかし前向きな希望のある読後感で、もっとこの作者の悩みの産物である作品を味わいたいと思った。
  • 光秀の定理
    これは確かに歴史小説だ。だが、その一方でこれほどロジカルな歴史小説は初めてだ。
    真の主人公の二人が光秀の本能寺の変を解釈しているところを読むと、分かりきっていたはずなのに、確かにそうだ、と納得してしまう。本能寺の変は必然的なものだったのだと。
    しかし、個人的には細川藤孝の名脇役ぶりが際立っていて、こ...続きを読む
  • 迷子の王様-君たちに明日はない5-
    何度も読み返すいい言葉があって、やっぱり前向けてすっと心も軽くなれるとてもいい余韻。
    このシリーズラストだったのか。まだまだ読みたい。

特集