【定番】経済・企業小説

このエントリーをはてなブックマークに追加
経済小説 看板

エンタメ要素のみならずビジネス書としても魅力たっぷりな経済・企業小説。
お馴染み『半沢直樹』シリーズや直木賞受賞作『下町ロケット』、金融サスペンスの巨塔『ハゲタカ』シリーズなど、定番作品をラインナップしました。

定番作品はこちら

実在企業がモデルのおすすめ作品

経済・企業小説の名手① 真山仁

経済・企業小説の名手② 池井戸潤

    • 七つの会議

      七つの会議

      トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。...

経済・企業小説の名手③ 高杉良

経済・企業小説の名手④ 楡周平

経済・企業小説の名手⑤ 江上剛

経済・企業小説の名手⑥ 城山三郎

    • 雄気堂々(上)

      雄気堂々(上)

      691円(税込)

      カートに入れる

      近代日本最大の経済人渋沢栄一のダイナミックな人間形成の劇を、幕末維新の激動の中に描く雄大な伝記文学。武州血洗島の一農夫に生れた栄一は、尊皇攘夷の運動に身を投じて異人居留地の横浜焼打ちを企てるが、中止に終った後、思いがけない機縁から、打倒の相手であった一橋家につかえ、一橋慶喜の弟の随員としてフラン...

経済・企業小説の名手⑦ 大下英治