空飛ぶタイヤ(上)

空飛ぶタイヤ(上)

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

走行中の大型トレーラーが脱輪し、はずれたタイヤが歩道を歩く若い母親と子を直撃した。トレーラーの製造元ホープ自動車は、トレーラーを所有する赤松運送の整備不良が原因と主張するが、社長の赤松は到底納得できない。独自に真相に迫ろうとする赤松を阻む、大企業の論理に。会社の経営は混迷を極め、家族からも孤立し、絶望のどん底に堕ちた赤松に、週刊誌記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
シリーズ
空飛ぶタイヤシリーズ
ページ数
480ページ
電子版発売日
2014年03月14日
紙の本の発売
2009年09月
サイズ(目安)
1MB

空飛ぶタイヤ(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    悲しい事件がどのような結末を迎

    さがやん 2014年08月19日

    内容をいうと面白くないので、悲しい事件とだけ申し上げておきましょう。
    その後の結末をどのように下巻で書かれているのか大変気になります。
    おそらく、犯罪まがいの後ろめたいことをしているのは大企業、中小企業を問わずあり得ることです。
    私たちが社会で生きていくうえで何を大切に取捨選択していくべきか読者に投...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    トラック運送会社を営む赤松は、タイヤ脱落事故の原因とされる整備不良の責任を問われる。中小企業の赤松が、巨大企業に立ち向かい事故原因の核心に迫る。伝統企業でありがちな、縦社会が生み出す隠蔽工作。被害者家族に嫌厭され巨大企業から門前払いを食いながらも、家族や社員の生活を守るために諦めず真実を暴こうと奮闘...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月29日

    トラックのタイヤが外れて歩いていた母子に当たり若い母親が亡くなった実際の事件を元に書かれている。トラックを所有していた運送会社の赤松社長は整備士の門田の詳細な整備記録を信じ、原因がホープというトラックの製造会社が欠陥のある部品を使っていたことを倒産の危機に追い込まれながらも最後まで諦めずに追求し、つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月28日

    水戸黄門でいうお代官様の、ホープ自動車の狩野常務
    わかりやすく悪役で、どうにかして悪事を裁けないのか
    やきもきしながら読み進めました。
    越後屋、そちも悪よのぉみたいな人も出てきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    上下巻の長編作だが、終始どハマりでドキドキして読んでた。犠牲者を出した脱輪事故を巡り、大手自動車会社VS中小の運送会社。各々の人間性も企業内の関係性も企業の傲慢体質も、色々と上手く描かれてるなぁと感心するし、最近だと日産なんかのニュースが思い起こされた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月12日

    ずっとイライラして読んでいた。
    リコール隠しをする自動車会社。
    顧客や安全、コンプライアンスを無視し、社内にばかりに目を向ける体質。
    人の生命が奪われ、巻き添えを食らった会社が存続の瀬戸際に立っているというのに。
    とことん悪材料は出尽くした。
    これから逆転。
    下巻に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    タイヤが飛ぶとは?とタイトル買いした本。読み終えた後の安堵感が良い。爽快感とは違うが、それに近い感覚を覚える内容でした。半澤、下町ロケットシリーズにハマった私のお気に入りです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月12日

    〇学んだこと
    1.部下を信じること
    2.逆境に負けない心の強さを身につけること
    3.汗水たらして働く人を尊敬すること

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    面白い!!!!結末を知っていても、ハラハラしたり、怒ったり、泣きそうになってしまう。
    下巻を早く読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月14日

    被害者である、運送会社の赤松社長が世間から追い詰められていく様は 心が痛い。
    しかし最後は正義が勝つ!で後味スッキリ!

    数年前に実際に起きた、三○自動車の二度に渡る消費者を裏切る不正を風化させたくない。って作者の気持ちもあるのかな。。

    このレビューは参考になりましたか?

空飛ぶタイヤ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 空飛ぶタイヤ(上)
    759円(税込)
    走行中の大型トレーラーが脱輪し、はずれたタイヤが歩道を歩く若い母親と子を直撃した。トレーラーの製造元ホープ自動車は、トレーラーを所有する赤松運送の整備不良が原因と主張するが、社長の赤松は到底納得できない。独自に真相に迫ろうとする赤松を阻む、大企業の論理に。会社の経営は混迷を極め、家族からも孤立し、絶望のどん底に堕ちた赤松に、週刊誌記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。(講談社文庫)
  • 空飛ぶタイヤ(下)
    759円(税込)
    事故原因の革新に関わる衝撃の事実を知り、組織ぐるみのリコール隠しの疑いを抱いた赤松。だが、決定的な証拠がない。激しさを増す、大ホープグループの妨害工作。家族と社員を守るために、赤松はどうしても真実を証明しなければならないのだ――。歯をくいしばって闘う男の姿を描いた感動長編。(講談社文庫)

空飛ぶタイヤ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング