「池井戸潤」おすすめ作品一覧

「池井戸潤」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

池井戸潤最新作『花咲舞が黙ってない』

ベストセラー作家・池井戸潤の待望の新作!ドラマ化された、あの花咲舞が帰ってくる!『花咲舞が黙ってない』、絶賛配信中!

こちらもオススメ!2017年10月 役所広司主演ドラマ化『陸王』

第1章が無料で読めるお試し版はこちら

こちらもオススメ!2017年7月 向井理×斎藤工のW主演ドラマ化『アキラとあきら』

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/09/07更新

ユーザーレビュー

  • 鉄の骨
    銀行ものでなくても池井戸さんの本は面白い。テーマはゼネコンの「談合」。中堅ゼネコンの内部の対立、談合を通じて、ゼネコン間の対立、談合の調整役のフィクサー、議員。談合摘発に動く検察と複雑に関わりあう組織、個人をリアルに描写し尽していてワクワクしながら読む。企業小説って面白いなと改めて思う。

    池井戸さ...続きを読む
  • 陸王
    最初こそはスロースタートだったけど気付いたらページをめくる手が止まらない止まらない。久しぶりに早く続きが読みたくてしょうがない一冊になった。
    幾度となく胸が熱くなり、読後の爽快感。明後日からのドラマが楽しみ!!
  • 下町ロケット
    初めて池井戸潤作品読んだ。
    久々に夢中になって読んだ本。
    所々殴ってやりたいぐらいやな奴が出てくるけど、そういうのは自業自得展開になる。
    溜飲が下がる。すっきりする。
    嫌な奴の厭らしさとか、主視点側からの感情の描写が上手いからこそだと思う。
    最高に面白い。
  • アキラとあきら
    面白かったです。銀行や経済の話しなのでさすが池井戸潤さんでした。でも、読みやすかったです。途中でバブル期の話しなの?って思いました。
    彬と瑛が出会った時、ついに来たかと思いました。ドラマも機会があったらみたいです。瑛が呟いた『乗り越えなきゃいけない宿命ってのも、あるんだよな』言葉が響きました。
    彬も...続きを読む
  • 陸王
    勧善懲悪的な描写のエンターテイメント性、現在の日本経済の縮図のリアリティなど、多面で楽しめる作品。とにかく読み始めたら止まらず、「陸王」とともに最後まで突っ走った。今年の、前向きになれる作品ナンバーワン!

    途中でドラマのキャストを知ってその顔触れが浮かんだ。そちらも見てみようか、と思った次第。

特集