「半沢直樹」で経済がわかる!

「半沢直樹」で経済がわかる!

作者名 :
通常価格 529円 (481円+税)
紙の本 [参考] 539円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『経済の入門書であると同時に、「半沢直樹」シリーズの入門書である』(池井戸潤 序文より)

●半沢は取引先の訪問で何を見ているのか?
●粉飾決算の手口とそれを見抜く方法
●最優秀店舗に選ばれるといくらもらえる?
●金融庁の「黒崎キャラ」は本当にいるの?
●M&Aから焦土的経営まで、企業買収の最前線とは?
●バブル期とは何だったのか?

「半沢直樹」シリーズに登場する台詞や事象を上げて、経済・金融用語を優しく解説した1冊。「100のキーワード」でお金をめぐる社会の仕組みが丸わかり! 「半沢直樹」ワールドを2度楽しめる本。 文庫書き下ろし作品。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

「半沢直樹」で経済がわかる! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年04月25日

    経済用語を「半沢直樹」シリーズの各場面を題材にして説明する経済入門書。
    「半沢直樹」シリーズを読んだものとしては、それぞれの場面で出てきた用語が丁寧に解説されていて、改めて読み直してみても面白いだろうなとおもった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月17日

    これを読んでから、池井戸さんの小説を読むと、「あ、解説されてたやつだ!」と気づく。しかしやはり、言葉だけの解説では、意味を本当に理解するのは難しかった。
    実務経験のない学生なので、何がなんだか…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月20日

    池井戸潤の本の内容を使いながら、銀行の仕事や経済、企業についてを100の項目に分けて説明されていて、池井戸潤の本を読んでいる方なら、楽しみながら凄くよくわかると思います。読んでない方でも、わかりやすく説明されているので、非常に為になる本だと思います٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年11月06日

    【本の内容】
    与信判断、法的整理、実質債務不履行、NDA…知っていそうで知らない金融・経済用語を「半沢直樹」シリーズの名場面とともに学ぼう。

    なぜ半沢はあの時あの行動をとったのか?

    各シーンに隠された知恵と経済の仕組みを知ることで社会を生き抜く力が身につく。

    半沢ワールドが二度美味しくなる画期...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています