新装版 銀行総務特命
  • 値引き

新装版 銀行総務特命

作者名 :
値引き価格 600円 (546円+税) 8月21日まで
通常価格 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2014年4月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」原作本(講談社文庫) 主演:杏。帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平(いぶすき・しゅうへい)。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり……スキャンダルに事欠かない伏魔殿(メガバンク)を指宿は奔走する。腐敗した組織が、ある「罠」を用意しているとも知らずに――「総務特命担当者」の運命はいかに? 意外な仕掛けに唸らされること間違いなし!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2014年03月14日
紙の本の発売
2011年11月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

新装版 銀行総務特命 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    総務部特命担当の指宿さんがとっても素敵。
    最初のコンビ鏑木さんも素敵だけれど、途中からコンビを組む唐木さんも、強そう?^^(コナンの蘭ちゃんみたい)で、ただの美人銀行員じゃなさげなのが何とも素敵。

    銀行に潜むいろんな「罠」だけに、怖いな・・と思ったけれど、
    絶対にあきらめず、調査・対応していく様子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月08日

    〜感じたこと〜
    ・少しでも気になることがあれば、納得するまで自分の頭で考えて決断を出す。
    ・この世に楽に儲かる話はない
    ・依頼に全て答えない。目的を見失わない。

    自分のやっていることと、ありたい姿の方向性を合わせていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月19日

    銀行の闇ってヤツやな。
    銀行って、昔は就職も人気あったけど、ないみたいやな。
    事実は知らんけど、この本を読む限り、出世全ての人が多いんかな。いくら、自身の成績の為とは言え、こんな事して出世って、…
    そんなアカン事してる人を取り締まる総務部特命。
    銀行ミステリーになるんかな?
    この人らすら、組織との諍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月14日

    ここのところ、池井戸潤作品を読んでいるが、いずれも読みやすく、物語に引き込まれるように読めて面白いと思う。本作品も面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月27日

    面白いけど、ラストはもうちょっと読みたいなと。
    狙って思わせぶりに終わらせてるんだろうけど、ちと恣意的すぎるかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月24日

    2021(R3)8.16-8.20

    帝都銀行で行内の不祥事処理を任された指宿修平が、銀行内の様々な問題処理に奔走する短編集。

    顧客名簿の流出、現役行員のAV出演疑惑、行内の派閥対立など、なさそうでありそうな事件が次々起こる。

    事件によっては、その解決の途中で終わる物語もあり、その終わり方は賛否...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月07日

    銀行総務特命 池井戸潤さん

    「法律の上で問題はなくても、
    人として許されないこともある。」
    著書より抜粋。

    1.印象
    さながら、あの相棒の特命係のような部署。
    基本的には、特段の仕事、ルーティンは無し。
    何か起こったら、それを銀行の組織とは秘密裏に、独立した組織として調査する権限のある組織。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月26日

    やっぱ、池井戸潤さんは最高だな!と改めて思った本でした。でも、不祥事みたいに、最後の言い返すところ(?)みたいなのも欲しかったな、と。でも、主人公が事実に気づく瞬間にスッキリ。やっぱり、読んで正解でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    こちらもドラマの花咲舞の原作になったそうだが、こちらは事務臨店出はなく、総務部特命と重い。出てくる不祥事も誘拐やら傷害やら、経済事件だけでないし。堅くて重い感じ。主人公もまさにそんな感じで、無色透明。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    久しぶりに池井戸作品を読みました。
    銀行の総務部に特命というチームがあり、銀行の様々なトラブルを解決する。8つの短編集から成り立つ。

    同じ銀行の人事部の特命と対立したり、ストーカー疑惑や女子行員がアダルトビデオ出演疑惑ありと色々な問題があったり。銀行の派閥や権力争いのドロドロした部分や仕事に対して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング