半沢直樹(1)

半沢直樹(1)

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2013年のテレビドラマ化で社会現象にもなった池井戸潤氏の小説『半沢直樹』が、ついに週刊漫画雑誌モーニングで、本格コミカライズされます!作画を、三田紀房氏(モーニングにて『ドラゴン桜2』を連載中)絶賛の新人、フジモトシゲキ氏、構成をネームの切れ味に定評のある津覇圭一氏が担当し、小説とも漫画とも一味違う、半沢直樹をお届けします!!。半沢を大好きな人から、知らない人までお楽しみいただけること間違いなしです!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2020年04月09日
紙の本の発売
2020年04月
サイズ(目安)
63MB
  • ドラマ化

    「半沢直樹」

    2020年7月19日~ TBS系
    出演:堺 雅人、上戸 彩、及川光博

新刊オート購入

半沢直樹(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    もう五年以上前か

    まさはる009 2020年11月30日

    ドラマの内容が鮮明に思い出させる…
    ドラマもっかい見ようかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    たそ 2020年07月11日

    テレビを観てる時と同じくらい楽しいです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月24日

    半沢直樹は、五億円の融資を取り返すことが、出来るのか?
    かの『倍返し』が、炸裂するか?

    池井戸氏の作で、TVドラマも好調であった半沢直樹のコミック版です。

    江島副支店長や小木曽人事部次長が、小物の悪役で良い味を出しています(笑)。
    自作にも期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    ドラマで観た感動が

    ゆっちです 2020年04月15日

    半沢直樹は小説で読み、ドラマも観ています。ドラマのキャスティングが蘇り、とても面白く読むことが出来ました。家にいることが増える中、お勧めのマンガです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    絵が微妙

    なおき 2020年11月25日

    絵が下手。で、読んででこれ誰だっけ?ってなる。下手にドラマに似せようとしすぎてるせいで、特徴掴めてない人とか区別つかない。目のアップとかも。

    このレビューは参考になりましたか?

半沢直樹 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 半沢直樹(1)
    671円(税込)
    2013年のテレビドラマ化で社会現象にもなった池井戸潤氏の小説『半沢直樹』が、ついに週刊漫画雑誌モーニングで、本格コミカライズされます!作画を、三田紀房氏(モーニングにて『ドラゴン桜2』を連載中)絶賛の新人、フジモトシゲキ氏、構成をネームの切れ味に定評のある津覇圭一氏が担当し、小説とも漫画とも一味違う、半沢直樹をお届けします!!。半沢を大好きな人から、知らない人までお楽しみいた...
  • 半沢直樹(2)
    671円(税込)
    巨額の債権回収のため西大阪スチール元社長・東田を追う半沢直樹。融資失敗の責任を半沢に押し付けた支店長・浅田によって執拗に妨害される中、東田を追うのは半沢だけではなかった。国税局査察部・黒崎——かつて一銀行を破綻にまで追い込んだ男も東田の金を狙って動き出す。東田、国税、そして半沢。最後に笑うのは誰か――。
  • 半沢直樹(3)
    671円(税込)
    融資失敗の責任をなすりつけられた半沢直樹。 5億円回収のため奔走する中、半沢を苦しめてきた西大阪スチール元社長・東田と東京中央銀行大阪西支店長・浅野が手を組んでいたことが明らかに。 全てが仕組まれたものだったと知った半沢は、二人を追い詰めるため反撃の手を打つ。 しかし、浅野が裏で進めていた半沢の出向が決定し――?
  • 半沢直樹(4)
    671円(税込)
    5億円の回収を成功させ、大阪西支店から精鋭ぞろいの営業本部へ栄転した半沢直樹。 そこで120億円の損失を出した伊勢島ホテルの再建を命じられた半沢は、金融庁に復帰した黒崎の検査に備えながら、赤字ホテルへ融資を続けた銀行への疑念を持ち始める。 そして子会社に出向した同期・近藤にも難題が立ちはだかる。 欲望うごめくメガバンクで、派閥争いに巻き込まれながら、正義の男・半沢は敢然と立ち向...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています