かばん屋の相続
  • ptバック

かばん屋の相続

作者名 :
通常価格 629円 (583円+税)
紙の本 [参考] 723円 (税込)
獲得ポイント

254pt

  • 40%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

働く男たちの愛憎、葛藤を描いた文春文庫オリジナル短編集。池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語り、遺言には会社の株全てを大手銀行に勤めていた長男に譲ると書かれていた。乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。父の想いはどこに? 表題作他、五編収録。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
279ページ
電子版発売日
2014年08月01日
紙の本の発売
2011年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

Posted by ブクログ 2019年07月14日

読後はさまざまな意味で胸が熱くなる銀行員の6つの人間ドラマを収めた池井戸潤さんの秀作短編集。池井戸さんの作品はとにかく主人公の必死の心意気が読者に伝わり一刻も早く結末を知りたい気持ちにも後押しされて最速で一気読みさせられますね。全てが明るいハッピーエンドとは行かず哀切なバッドエンドもありますが、どの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています