江上剛の一覧

「江上剛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/11/12更新

ユーザーレビュー

  • 小説 金融庁
    金融庁vs銀行を双方の視点から描いた作品。
    しかも戦うのは兄弟。
    ものすごく面白かった。

    普通、「金融庁は私怨でもあるかのように、金融検査で銀行を痛め付ける」だとか、「銀行が銀行の常識、勝手な理屈で悪いことを隠蔽しようとする、保身に走る」という悪い面ばかりに目がいってしまうけれど、この作品を読めば...続きを読む
  • 瓦礫の中のレストラン
    なかなか面白かった!そして生きる勇気を与えられたと言ったら大げさだけど、毎日頑張って過ごせそうな気持になった!
  • 最高知「古典」に学ぶ、成功の戦略 仕事と人生の武器になる48の発想術
    学びになった部分をピックアップ

    ・死地に陥れて、然る後に生く
    絶体絶命の危機に陥って始めて本気で戦うという意味

    ・将に五危あり
    1.必死は殺され
    意味:決死の覚悟だけを持ち駆け引きを知らないでいるのは、殺される
    現代訳:自分の成績を上げることばかりに気を取られてはいけない。

    2.必死は虜にされ...続きを読む
  • ラストチャンス 再生請負人
    ある占い師に言われた言葉は「人生七味唐辛子」

    メガバンクの合併を機に銀行から転職を決めた樫村の転職先は飲食業界。

    しかし前オーナーがフランチャイズ権を金融商品のように売却、無理な資金繰りを繰り返した結果、債務超過は膨れ上がっていた。
    前オーナーに続き、投資会社から来た社長も逃げ出し、ついに社長を...続きを読む
  • 住友を破壊した男 伊庭貞剛伝
    権力は腐敗する、絶対権力は絶対腐敗する
    長く権力の座に居ると失敗は忌避し、成功のみを自分の実績として誇りたくなるのは人間の性
    それが組織の劣化を招き、組織の自壊をもたらす

    それを防ぐための工夫がされてきたのが人類の歴史
    今日でも、「コンプライアンスとガバナンス」という横文字が連呼されるのは、人間の...続きを読む