ロスジェネの逆襲

ロスジェネの逆襲

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人事が怖くてサラリーマンが務まるか! ドラマ化も果たした「半沢直樹」シリーズ第3弾となる『ロスジェネの逆襲』は、バブル世代の主人公が飛ばされた証券子会社が舞台。 親会社から受けた嫌がらせや人事での圧力は、知恵と勇気で倍返し。ロスジェネ世代の部下とともに、周囲をあっと言わせる秘策に出る。直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
386ページ
電子版発売日
2013年08月23日
紙の本の発売
2012年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB
  • ドラマ化

    「半沢直樹」

    2020年7月19日~ TBS系
    出演:堺 雅人、上戸 彩、及川光博

ロスジェネの逆襲 のユーザーレビュー

    購入済み

    純粋に面白い

    ふに 2013年10月25日

    前2作より面白い^o^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    ドラマを観始めて再読! ドラマと違う部分も俳優さんを頭であてたり、脚本でのアレンジも楽しめて二度おいしい。読み始めたら止まらない、面白い!最後はスカッと爽快!もう半沢直樹は堺雅人しか考えられないなぁ(笑)。 伊佐山、三笠、笑ってられるのも今のうちだぁ。半沢直樹がいつか頭取になるまで、このシリーズ続い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月03日

    会社を立ち上げて大きくなると今度はその規模を維持していくために投資、資金繰り必要になって、食うか食われるかの経済戦争に巻き込まれていく、そんな世界を見れる楽しさと、半沢直樹の追い込まれてからの逆転劇の楽しさと、このシリーズはいつも裏切りません。ドラマ見てなくて、一話と二話もはるか昔に読んで覚えてなか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    ふと自分は半沢より年上なことに気付いた。。。
    半沢のように上司に立ち向かっていく自身/勇気/気力/努力が眩い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

    今作は前作までの銀行内闘争よりも少し難しい内容だったと思います。
    もちろん不正云々の話も出てきますが、それ以前に"敵対的買収"というものにどうやって戦っていけばいいのかという、善悪だけでは語りきれない現実的なテーマが現れます。
    ドラマを観ていたので話の流れはスッと掴めましたが、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月13日

    おもしろいです!企業買収をテーマに現実ほんとに起きるのか分からないですが、専門家じゃないだけに純粋に楽しめる内容だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    半沢直樹第3弾!今回は証券会社に出向された半沢直樹が親会社である銀行と対決する。
    テレビ放映されるとのことで再読したが、さすが池井戸作品。面白かった。テレビ放映が待ち遠しい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月05日

    やっぱり半沢直樹シリーズは裏切らない。
    東京セントラル証券に出向させられた半沢は、そこでも難題に立ち向かい、見事な業績を上げてみせた。
    数々の困難が立ち塞がる中、戦う事をやめないサラリーマン精神が保守的な考えを打ち砕く。仕事へのプライド、情熱は、職種の壁を超え人々の心を動かしていく。

    毎度見事な痛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月05日

    ドラマを見て続きが気になったので、購入。
    個人的に半沢直樹シリーズの中で一番好きな話、面白かったと記憶しています。
    前作までは、半沢の家庭の描写はありましたが、今回は企業内での出来事のみで、シンプルに善悪がはっきりしているように感じました。文章が巧みで、展開が早く、あっという間に1日で読み終わりまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    自分の信念を持ち、自分の持ち場、仕事をする。
    半沢氏の信念が読み取れ、今回も楽しく読み進めることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています