シャイロックの子供たち

シャイロックの子供たち

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「半沢直樹」シリーズのドラマ化で大ブレイクした著者が、「ぼくの小説の書き方を決定づけた記念碑的な一冊」と語る本作。とある銀行の支店で起きた現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪!? “叩き上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上がらない成績……事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮らすことの幸福と困難さを鮮烈に描いた傑作群像劇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年08月02日
紙の本の発売
2008年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

人気ドラマ「半沢直樹」原作小説『オレたちバブル入行組』の池井戸 潤が描く、銀行を舞台にした作品。どんどん続きが気になって一気に読み終えてしまいました。
とあるメガバンクの一支店に勤務する10人の銀行員をそれぞれ主人公とした短編集かと思いきや、全然そんな甘いものではございません。
上層部の勝手で非現実的な目標設定、低価値な商品の販売ノルマ、競合他社のなりふり構わない営業、足元をみて天秤にかけるクライアント等々。銀行員でなくともサラリーマンなら嫌というほど共感できる日常が舞台となっており、ウラではとんでも無いミステリーが進行していきます。
元バンカーである著者により、銀行内部の葛藤がリアルに描かれていて、まるでノンフィクションを読んでいるかのようです!

シャイロックの子供たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    半沢直樹より良い

    pep 2013年11月06日

    半沢が流行っているけど、こっちの方が好きかな。最後ゾクっとモヤっとできました。
    途中で終われず一日で読めるので、急に予定が無くなった日におススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月27日

    銀行員ひとりひとりの「家族との関係」がテーマの一冊(あとがきより)
    まるで、支店のなかに自分が入り込んでしまったように銀行で働くということがよくわかる。上司、同僚、取引先など様々な関係のなかに渦巻く、銀行員としての葛藤は立場によってもさまざま。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月16日

    私的には衝撃の最後。仕事とはなんなのか、家族とはなんなのか。リアルに絵が描かれる人間模様に、途中何度も胸が締め付けられました。面白かったです。池井戸作品大好き!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月20日

    短編集のようなストーリー展開が続き、短編集特有の物足りなさを少し感じた(それでも面白かったが)。しかし、最後の最後にすべてがつながった感じがして心に響くような面白さを感じた!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月05日

    ナニコレ、名作やん。

    池井戸潤さん大好きと公言している割に
    手を付けていなかった自分を呪いたい。

    以前、架空通貨を読んだときは
    「自分には、難しかったなぁー。」
    というネガティブな印象が
    あったんだと思います。

    読後、

    心が濡れました。

    心が動くどころではなかった。
    父として、世帯主として...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    みなと 2021年12月02日

    短編かと思っていたら、一話一話に関係があり、想像以上に緊迫感あるミステリーの流れでびっくりしました。
    ともかくおもしろく、切なく、つらく、途中から止まらなくなって、ひたすら読み。
    最後の謎もすごかった。
    働くしんどさ、尊さも共感できます。小説ではあるけれど、著者の体験、感性が生きている名作。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月06日

    初めて読んだ池井戸作品。

    すごく面白かった!
    働く一人一人の思いに触れて、
    どんなに淡々と仕事をしている人にもしっかり感情があって、
    どんな人でもそれぞれで様々な思いを持って生きてるんだなあ。

    そんな当たり前なこと、でもとても大切なことを教えてもらった気分です。


    どんな人も血が通った人間。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月23日

    久々満点つけたい本。
    一瞬「短編集?」と思わせるぶつ切り展開から、「あーやっぱり繋がってんのか」からの、スピード感のある展開、どんでん返し、そして含みのあるラスト。一言で言えば色んな意味で楽しい本。池井戸ならではの細かい描写も○

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月25日

    池井戸さんならではの銀行業務の詳細な描写。のめり込むように一気に読んでしまった。
    銀行で必死に体を張り、家に帰ると温かい家族が待っている。そんな一見当たり前に思える日常は、本当は当たり前ではなく、みんなそれぞれ何かを抱えていて、知らず知らずのうちに線を踏み外してしまう。
    歳のせいか涙もろくなった自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月19日

    2006年初版の池井戸潤作品。金融クライムミステリー。初めて読んだが、これは傑作だと思った。半沢シリーズや下町ロケットなどの人気作品は現代を舞台とした時代劇、水戸黄門的な面白さがある。本作でも、大きな組織の理不尽と戦ういろんな人びとを深く掘り下げた群青劇のような点は他の池井戸潤作品同様ではあるが、単...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング