シャイロックの子供たち

シャイロックの子供たち

770円 (税込)

3pt

「半沢直樹」シリーズのドラマ化で大ブレイクした著者が、「ぼくの小説の書き方を決定づけた記念碑的な一冊」と語る本作。とある銀行の支店で起きた現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪!? “叩き上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上がらない成績……事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮らすことの幸福と困難さを鮮烈に描いた傑作群像劇。

...続きを読む

詳しい情報を見る

  • 映画化

    「シャイロックの子供たち」

    2023年2月17日公開
    出演:阿部サダヲ、上戸彩、玉森裕太

  • ドラマ化

    「シャイロックの子供たち」

    2022年10月9日~ WOWOWプライムほか
    出演:井ノ原快彦、西野七瀬、加藤シゲアキ

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

シャイロックの子供たち のユーザーレビュー

人気ドラマ「半沢直樹」原作小説『オレたちバブル入行組』の池井戸 潤が描く、銀行を舞台にした作品。どんどん続きが気になって一気に読み終えてしまいました。
とあるメガバンクの一支店に勤務する10人の銀行員をそれぞれ主人公とした短編集かと思いきや、全然そんな甘いものではございません。
上層部の勝手で非現実的な目標設定、低価値な商品の販売ノルマ、競合他社のなりふり構わない営業、足元をみて天秤にかけるクライアント等々。銀行員でなくともサラリーマンなら嫌というほど共感できる日常が舞台となっており、ウラではとんでも無いミステリーが進行していきます。
元バンカーである著者により、銀行内部の葛藤がリアルに描かれていて、まるでノンフィクションを読んでいるかのようです!

...続きを読む
\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    pep

    購入済み

    半沢直樹より良い

    半沢が流行っているけど、こっちの方が好きかな。最後ゾクっとモヤっとできました。
    途中で終われず一日で読めるので、急に予定が無くなった日におススメ。

    8
    2013年11月06日

    Posted by ブクログ

    映画を観てから、原作を読んだ。作品としてとても良い構成がされており良作と思うが、映画と原作があまりにも異なり、『あら、原作はこうだったの?』の印象が大半を占め、そこばかりが頭にこびりついたままとなった。

    0
    2024年07月02日

    Posted by ブクログ

    ちょっとしたことで人生が変わってしまう。良いことも悪い方向に行くときも、小さなきっかけなんでしょうね。
    銀行って熾烈な職場の様ですが、いえいえ そんな雰囲気ではなかったですよ。私が感じなかっただけかな?

    0
    2024年06月28日

    Posted by ブクログ

    銀行員の過酷な出世競争やノルマをリアルに描写したミステリー仕立ての小説。大田区の銀行支店を舞台に起こる不可解な事件。

    あまりにリアルな描写に読んでいて息苦しさを覚える。一流銀行マンの実は生き馬の目を抜く過酷な競争。

    筆者の作品、どちらかというと勧善懲悪、ロマンのある世界観だとばかり思っていたので

    0
    2024年06月27日

    Posted by ブクログ

    池井戸さんのお話はハズレがないです。途中まで「連作短編」と思わせて、実は長編という構成の妙も詰まっておりました。

    0
    2024年05月17日

    Posted by ブクログ

    今のご時世ならパワハラでアウトな銀行の1支店で起きた現金紛失事件。毎話登場人物が変わっていく短編なんだけど、話が進むに連れてだんだん繋がっていき、夢中で読んだ。
    ラストである人物の印象がガラッとひっくり返る衝撃に騙された。

    0
    2024年03月20日

    Posted by ブクログ

    池井戸潤、安定の銀行ミステリーです。構成としては、色んな人間の視点を通じて事件を読みといていく、池井戸潤らしい手法で書かれています。

    半沢直樹シリーズと違う点は、誰かの不正の責任を押し付けられることではなく、行内で100万円が紛失するという、非常に些細な事件が起きることから物語がスタートしているこ

    0
    2024年02月10日

    購入済み

    短編かと思っていたら、一話一話に関係があり、想像以上に緊迫感あるミステリーの流れでびっくりしました。
    ともかくおもしろく、切なく、つらく、途中から止まらなくなって、ひたすら読み。
    最後の謎もすごかった。
    働くしんどさ、尊さも共感できます。小説ではあるけれど、著者の体験、感性が生きている名作。

    #泣ける #切ない #深い

    0
    2022年09月30日

    Posted by ブクログ

    池井戸先生の作品は、リアルな人物像で職業の良いところも、そうでないことも教えてくれる。
    とある銀行の支店を舞台に、色んな人が活躍したり人生を踏み外したりの人間模様を、誰もがそうなる可能性と警鐘を感じながら読み切りました。

    0
    2024年06月20日

    Posted by ブクログ

    私自身が銀行で勤めていたので、全ての登場人物の現状が起こり得ることであってハッとさせられました。
    ミステリーとしても楽しめたし、家族をもっと大切にしたいなと思える1冊でした。

    0
    2024年04月26日

シャイロックの子供たち の詳細情報

  • 映画化

    「シャイロックの子供たち」

    2023年2月17日公開
    出演:阿部サダヲ、上戸彩、玉森裕太

  • ドラマ化

    「シャイロックの子供たち」

    2022年10月9日~ WOWOWプライムほか
    出演:井ノ原快彦、西野七瀬、加藤シゲアキ

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

シャイロックの子供たち の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

池井戸潤 のこれもおすすめ

シャイロックの子供たち に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す