男子の本懐

男子の本懐

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

緊縮財政と行政整理による〈金解禁〉。それは近代日本の歴史のなかでもっとも鮮明な経済政策といわれている。第一次世界大戦後の慢性的不況を脱するために、多くの困難を克服して、昭和五年一月に断行された金解禁を遂行した浜口雄幸と井上準之助。性格も境遇も正反対の二人の男が、いかにして一つの政策に生命を賭けたか、人間の生きがいとは何かを静かに問いかけた長編経済小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年04月05日
紙の本の発売
1983年11月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

男子の本懐 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    濱口雄幸、井上準之助の二人の絆を描いた本。どうしても易きに流れる中、本気で日本の未来を考え理想に向かった二人。結果二人は命を落として、日本は戦争へ向かうことになる…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月19日

    非常に重厚かつ濃密な物語で、じっくりと楽しむことが出来ました。金解禁という一大事に取り組んだ井上と濱口の絆や信頼関係が読んでいて気持ちよく、それだけに2人の迎えた結末が無念でなりません。また状況が止めようもなく悪い方向へ悪い方向へ転がってゆくのが丹念な筆致で描かれており、当時の日本が如何にしてあの凄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月03日

    金解禁に奔走した浜口雄幸と井上準之助の命を懸けた仕事への情熱が伝わってくる良い小説であった。二人とも銃弾に打たれて亡くなるのだがそれまでに政治、金解禁に懸ける気合は凄まじいものがあった。我々も見習わないといけない。一回一回が勝負、ウォール街暴落、生に対する執着、インフレ、浜口の実直な人柄、満州事変、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    ・「人は常に態度に気をつけ、堂々たる容姿を以て人に接しなければいかぬ。自分の気持ちを人から悟られるようでは何事もできぬ」井上準之助
    ・「自分は天命を受けた以上、決死の覚悟で事に当たるつもりでいる――途中、何事か起こって中道で斃れるようなことがあっても、もとより男子として本懐である」浜口雄幸
    ☆命を賭...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月04日

    2人の男が人生を賭して実現しようとした経済政策「金解禁」。
    単なる友情物語でも、綺麗事を並べた精神論でもない。泥臭く、あの手この手を尽くして、ただただ信念を貫く2人に、心を揺さぶられる。
    政治家のあるべき姿が、ここにある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月29日

    自分を犠牲にしても、日本国の将来をおもんばる政治家がいた。そんな政治家が今の日本にいるだろうか?みんな政治屋に成り下がっていないだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月05日

    「艱難汝を玉にす」

    浜口・井上の行なった金本位制の政策内容は難しく、なかなか理解できなかったが、この小説の醍醐味はその政策内容ではなく、その政策を実施するという強い意思を貫徹し、実施までこぎつけた二人の生き様を知れることにあると思う。
    自分の中では都度読み返したい一冊となった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月20日

    浜口雄幸と井上準之助
    2人の英雄は凶弾に倒れ日本は戦争に突入していきます。
    性格の違う2人が命を賭して成し遂げた金解禁。
    それにつながる緊縮財政と行政整理。
    行政改革は今につながることと思います。
    自分ももっと命懸けで仕事しなあかんなと思いますσ^_^;

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月07日

    目先の政治にとらわれずこの国の将来を見据え、勤勉に真剣に政策を考え、政党政治にとらわれる周囲の雑音に惑わされずに生き抜いた、浜口雄幸。

    その浜口とは通ってきた道も、問題への解決の仕方も違う井上準之助。
    ただひとつ、ふたりが見るこの国の将来が重なったとき、命を賭けた彼らの勝負が始まった。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月06日

    胸を震わすとはこういう事なんだろうなと感じた。

    昭和4年から昭和6年 第27代内閣総理大臣 浜口雄幸(おさじ)と大蔵大臣 井上準之助が貫いたイズムに迫るドキュメント。 両氏とも大蔵省キャリア(井上準之助は日銀総裁も経験)であることも関連し、「伝説の教授に学べ!」「この金融政策が日本経済を救う」など...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

男子の本懐 に関連する特集・キャンペーン