硫黄島に死す

硫黄島に死す

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

〈硫黄島玉砕〉のニュースが流れた四日後、ロサンゼルス・オリンピック馬術大障碍の優勝者・西中佐は、なお残存者を率いて戦い続けていた。馬術という最も貴族的で欧米的なスポーツを愛した軍人の栄光と、豪胆さゆえの悲劇を鮮烈に描いて文藝春秋読者賞を受賞した表題作。ほかに「基地はるかなり」「軍艦旗はためく丘に」など、著者の戦争体験と深くかかわった作品全7編を収める。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年04月05日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

硫黄島に死す のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年04月19日

    1932年に開催されたロサンゼルスオリンピック、馬術の部で優勝したことで、華やかな欧米社交界で注目された男爵、西竹一の死への美学を描いた短編小説。

    貴族としての見栄と家族、部下を思う気持ちを隠そうとしなかった西は当時の日本軍人の中では異色の存在だった。そんな西が硫黄島守備隊という玉砕確実の戦線に赴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月12日

    主に第二次大戦末期の本土守備隊の状況に取材した短編集。旧作ではあるが、時代を感じさせない力作であり、特に幼年兵を描いた作品は実体験に基づくものだそうで、非常にリアリティを感じた。
    異色だったのが、軍隊物ではない「断崖」という作品だった。昭和41年の作品だが、今日の時間に追われる閉塞感を見通したような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月12日

    どうしてもオリンピックで勝たなければならなかった馬術日本団。
    どうしても戦争で勝たなければならなかった日本軍。

    戦争物だけど、破裂するような悲惨さではなくて
    鉛のように重い感じがじわじわ後まで残る、城山三郎の腕の良さが見えます。

    7編ある内の最初の4つしか読んでないけど、どれもよかった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    ・東京2020大会で、「日本が馬術競技で89年ぶりのメダル獲得ならず」との報道を観て、では89年前にメダルを獲った人物のことが知りたくて読んだ。
    ・バロン西。男爵、西竹一。陸軍軍人としては異色の人物。白洲次郎と印象がかぶる面もあるが、自身の生死に関しては白洲と真逆の生き方だったように思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    有名無名の人物の列伝。宝塚航空隊のささやかな悲劇。最後の『断崖』は戦後の話のようだが、変わる時代への警鐘。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月17日

    痛ましい戦争を知らない世代としてはその生々しい描写を読みながらも今の恵まれすぎる生活と比較してなんともいえない気分になる。有り難いという気分もないではないが、それ以上にどんな言い訳を以ってしても戦争という選択肢を選んではいけないし、このような現実の戦争と関わる小説を通して平和の大切さを認識し続けなけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月13日

    こういう物語は語り継いでいかないといけないんだろうな。
    死を簡単に選択できる、死は美しい、そんな時代があった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月22日

    ロサンゼルス五輪・馬術の金メダリストにして、当時としては型破りな国際人でもあった「バロン西」こと西竹一中佐が、どのような経緯で、陸軍の軍人として硫黄島に送られ、そこでどのように戦い、どのように亡くなったかを描く「硫黄島に死す」ほか、戦時中の出来事を題材にした短編が収められている。戦争が日常であった時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月19日

    城山三郎の短編集を初めて読んだ。

    城山三郎の文章は常に簡潔である。それは砂漠に水を注ぐかのようなのに、気付けば洪水が起こっているような、そんな感じ。

    ここに載せられている全ての話が、そんな読後感をを味あわせてくれた。

    そんなに深く何かを投げかけるかのような感じでもないけど、心に何かを残し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    オリンピック開催時期と終戦記念日が重なった今年、馬術・法華津選手の出場という話題もあり興味が出てきたのがバロン西。名前だけで、いつ活躍した選手だったのかも知らなかったです。戦争というとどうしても惨めさやひもじさ、浅ましさが先に来てしまうので積極的に触れたい話題ではなかった。中にはそういう作品もありま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

硫黄島に死す に関連する特集・キャンペーン