城山三郎の一覧

「城山三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:城山三郎(シロヤマサブロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1927年08月18日
  • 職業:作家

一橋大学卒。『総会屋錦城』での第40回直木賞受賞をはじめ多くの作品で賞を受賞している。。『落日燃ゆ』、『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』『官僚たちの夏』など数多くの長編小説や随筆など数多くの作品を手がける。

作品一覧

2021/10/06更新

ユーザーレビュー

  • 雄気堂々(下)
    大河ドラマを見終わるまで読まない、と決めて、いざ読み始めた本書。頁ごと、大河ドラマの映像が勝手に脳内に流れてきた。

    閑話休題。著者の、主人公との絶妙な距離の取り方は見事。山崎豊子氏のように、必要以上の感傷を感じさせず、かといって突き放したような感覚は受けない。

    それにしても渋沢栄一はいつ眠ってい...続きを読む
  • そうか、もう君はいないのか(新潮文庫)
    著者が妻と出会って亡くなるまでの話。
    奥様のことを「天使」「天女」等々と表現されるところから、いかに奥様を愛されていたのかがうかがい知れます。
    ちょっと赤裸々な話もあるけれど、作家として忙しい夫をしっかり支え、愚痴もこぼすことなく取材の手伝い、旅行の同行などされ、できた奥さまだなぁと感心する事しかり...続きを読む
  • 雄気堂々(下)
    NHK大河ドラマを見た後、渋沢栄一のことがもっと知りたくなって手に取ったもの。TVより理解が深まった。

    以下、著者「あとがき」からの抜粋となるが、「一農夫」が、その語の動乱の中で成長し、愛誦した詩の一節のように「優気堂々」の人生を志す物語。ひとつの人格形成の物語であると同時に、国家形成、時代形成の...続きを読む
  • 落日燃ゆ
    東京裁判の結果、A級戦犯としてただ一人文官でありながら処刑された広田弘毅。
    名前は知っていたけれど、どういう人物であったのか、この本を読むまで知りませんでした。

    貧しい石屋の長男に生まれ、勉強は好きだしよくできたけれども家の後を継ぐことしか考えられなかった少年時代、彼の才能を惜しんで進学を強く勧め...続きを読む
  • 「粗にして野だが卑ではない」 石田禮助の生涯
    ・もう一度読みたいか:
    ・仕事に活かせるか:
    ・プライベートに影響するか:
    ・読めない漢字の量は:
    (1非常に 2多い 3普通 4少し 5無い)

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!