「城山三郎」おすすめ作品一覧

「城山三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:城山三郎(シロヤマサブロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1927年08月18日
  • 職業:作家

一橋大学卒。『総会屋錦城』での第40回直木賞受賞をはじめ多くの作品で賞を受賞している。。『落日燃ゆ』、『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』『官僚たちの夏』など数多くの長編小説や随筆など数多くの作品を手がける。

作品一覧

2017/10/28更新

雄気堂々
  • ブラウザ試し読み

官僚たちの夏
  • ブラウザ試し読み

打たれ強く生きる
  • ブラウザ試し読み

そうか、もう君はいないのか
  • ブラウザ試し読み

ある倒産
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 落日燃ゆ
    広田弘毅とい人は正直記憶してませんでした。
    表舞台にあまり出てこない、教科書ではピックアップされない人物なのでしょう。(私の記憶が不確かなのかもしれませんが)


    城山三郎氏の感情を抑えた名文で語られた、彼の生き方は、興味深く、共感できる生き方だと思います。

    その時の自分の立場で出来ることをやる。...続きを読む
  • 落日燃ゆ
    第二次世界大戦後の極東国際軍事裁判のA級戦犯で死刑となった7人中唯一の文官である広田弘毅の人生が描かれた作品。
    広田は必死に戦争を喰い止めようと軍部と戦っていた一人であるにもかかわらず、政治的裁判によって死刑判決を下された。
    広田がどんな人物で、どういう気持ちで政治に携わってきたのかが伝わってきて、...続きを読む
  • 価格破壊
    流通革命、小売産業などに興味ある人はかなり楽しめて読めると思う。胸が熱くなるシーンが多かった。全てのものは出した瞬間に腐り出している。
  • 落日燃ゆ
    最近は友達におすすめ本を推薦してもらうことが多くて、この本もそのひとつ。
    その人に熱くおすすめしてもらった時、「でも、事態を何一つ収拾できなかった人でしょ?」と私は言った。つまり、文官政治家としてあの泥沼に何もなすすべなく、何もしなかった人だと思っていたのだ。読んだところ、私にもいくつか間違って認識...続きを読む
  • 男子の本懐
    自分を犠牲にしても、日本国の将来をおもんばる政治家がいた。そんな政治家が今の日本にいるだろうか?みんな政治屋に成り下がっていないだろうか?

特集