城山三郎の一覧

「城山三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:城山三郎(シロヤマサブロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1927年08月18日
  • 職業:作家

一橋大学卒。『総会屋錦城』での第40回直木賞受賞をはじめ多くの作品で賞を受賞している。。『落日燃ゆ』、『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』『官僚たちの夏』など数多くの長編小説や随筆など数多くの作品を手がける。

作品一覧

2019/07/25更新

逃亡者
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 落日燃ゆ
    昔外交官を目指していたので、この本の存在は知っていた。しかし、広田弘毅に良い印象がなかったため、敬遠していた。
    時はたち、本屋で見かけた時に当時を懐かしみ、手に取り迎え入れたところ、良い意味で裏切られた。

    生島ヒロシの帯にもあるが、広田の生き方には他力の潔さがある。自ら計らうことはないが、その結果...続きを読む
  • 落日燃ゆ
    日本が太平洋戦争へと踏み込んで行った経緯がよくわかる。決して一枚岩で戦争に突き進んだのではなく、天皇、首相、外務省、様々な立場が時に平和主義者として振る舞い、ある行動が戦争を促進に繋がったり。軍部の暴走に牽引された、大きなうねりにとなって戦争に陥入って行った歴史が紡がれる。
    その、大きなうねりの中で...続きを読む
  • 雄気堂々(上)
    渋沢栄一の30歳くらいまでの出来事を、いろんな登場人物を交えて描かれたわかりやすくて面白い小説。

    小説の読み始めは、読みにくい。
    栄一の家族や栄一が暮らす村の人々など、登場人物が多くて脳内渋滞を起こしてしまった。。

    ただ、それらの登場人物が織りなすエピソードが読み進めていくうちに、どんどん面白く...続きを読む
  • 落日燃ゆ
    外務省同期の広田弘毅と吉田茂。平和主義者の広田弘毅が戦犯で絞首刑となり、武断派の吉田茂が戦時中拘留された事実を免罪符に戦後に宰相となるとは何という皮肉。
    広田弘毅が一切の自己弁護をしなかった理由のひとつとして、「文官の自分が極刑となることで天皇陛下を無罪とすること」とあったのが事実かどうかは何せ本人...続きを読む
  • 雄気堂々(上)
    「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一の伝記的小説。しかし、ただの伝記的小説ではなく、良質の幕末・明治維新を巡る青春群像劇であり、著者が「あとがき」で述べているように「ひとつの人格形成の物語であると同時に、国家形成、時代形成の物語である。あるいは、組織形成の物語ともいえる。」
    そもそも一農夫であっ...続きを読む