高熱隧道

高熱隧道

作者名 :
通常価格 561円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

黒部第三発電所――昭和11年8月着工、昭和15年11月完工。人間の侵入を拒み続けた嶮岨な峡谷の、岩盤最高温度165度という高熱地帯に、隧道(トンネル)を掘鑿する難工事であった。犠牲者は300余名を数えた。トンネル貫通への情熱にとり憑かれた男たちの執念と、予測もつかぬ大自然の猛威とが対決する異様な時空を、綿密な取材と調査で再現して、極限状況における人間の姿を描破した記録文学。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年06月07日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

Posted by ブクログ 2019年06月18日

温泉地にある富山県黒部峡谷の隧道(トンネル)掘削に挑んだ技師・男たちの話。自然と人間との闘い。壮絶の一言。昭和15年ごろの話らしい。
黒部峡谷はとにかく雪深く(外国でもあの何メートルも積雪するアルペンルートは有名)、険しい崖に挟まれ雪解け水が氾濫し、人が住むどころか、足を踏み入れることすらできなかっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「吉村昭」のこれもおすすめ

「高熱隧道」に関連する特集・キャンペーン