「吉村昭」おすすめ作品一覧

「吉村昭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:吉村昭(ヨシムラアキラ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1927年05月01日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

私立東京開成中学校卒。1958年『密会』でデビュー。『星への旅』で第2回太宰治賞、『深海の使者』により第34回文藝春秋読者賞を受賞。『ポーツマスの旗』、『最後の仇討』などがTVドラマ化された。その他作品に『戦艦武蔵』、『ふぉん・しいほるとの娘』、『破獄』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/07/27更新

ユーザーレビュー

  • 漂流
    凄まじい。横面を張られたような衝撃が走る。これが事実に基づいた小説というのだから、もう一方の頬も張られる。うかうかと安逸に暮らしている身には想像するだに怖ろしい、壮絶な現実だ。

    江戸・天明年間、シケに遭って黒潮に乗ってしまった男たちは、不気味な沈黙を保つ絶海の火山島に漂着した。そこは江戸から約60...続きを読む
  • わたしの流儀
     衣食住、ときに遠い昔を懐古しながら身の回りを綴ったエッセイ。
     齢を重ね、柔らかで穏やかな、大人のエッセイです。
  • 背中の勲章
    大東亜戦争で米軍捕虜となった海軍人を描く。虜囚の辱めを受けずという当時の思想は根深い。そこからの生き抜く決意をするまでの内面の動きが、かの小説の面白さだと思う。
  • 高熱隧道
    序盤に出てくる「おれたちは葬儀屋みてえなもんだ」「遺族のことは決して考えるな」とか、発火事故での「みんな諦めろ。仏ばかりだ」とかには、ドキッとしたが、これが通底するテーマ。
    後半の二度の「泡雪崩」を含む各ハプニングでの、人夫(作業員)らのとまどいをどう納めるか、どう工事を進めさせるかという技師たちの...続きを読む
  • 関東大震災
    2012年95冊目。満足度★★★★★ 菊池寛賞受賞作。これは必読です。常軌を逸した人間の行動に驚くばかりでした。

特集