「吉村昭」おすすめ作品一覧

「吉村昭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:吉村昭(ヨシムラアキラ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1927年05月01日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

私立東京開成中学校卒。1958年『密会』でデビュー。『星への旅』で第2回太宰治賞、『深海の使者』により第34回文藝春秋読者賞を受賞。『ポーツマスの旗』、『最後の仇討』などがTVドラマ化された。その他作品に『戦艦武蔵』、『ふぉん・しいほるとの娘』、『破獄』などがある。

作品一覧

2018/01/12更新

ユーザーレビュー

  • 羆嵐
    貧弱な住環境のせいでペットは飼えないが、もともと動植物は好きだから、常識的な範囲での動物愛護には大いに賛成である。動物に優しい社会であることは望ましいと思うが、ただその根拠が「(動物が)可哀想だから」という感傷だとすると、それには少々違和感がある。

    高校時代の国語の授業で、私はそうした違和感を一編...続きを読む
  • 冷い夏、熱い夏
    作者と弟の熱い結びつきに心の底から熱いものが込み上げてきた。
    徐々に弟の体を蝕んでいく癌細胞。
    実際に体験した作者でないと描けない緊迫感。
    吉村昭は、弟の死をどう見つめたのか。
    魂を揺さぶられる傑作。
  • 漂流
    ずしんと来ますね。骨太い。
    「巨細に描いて」というキャッチもいい。
    ただ、つまらないと思う人にはつまらないかもしれない。

    払ってもいい金額:1000円
  • 羆嵐
    吉村昭二つめ、羆嵐。お世話になってる理容師さんに勧めといて自分が積ん読なのはマズいだろうと手に取った。
  • 羆嵐
    どこまでが史実でどこからが脚色か、理解が出来ていない点も多々あるかもわかりませんがとりあえず自分の思った事など。


    現実世界において自分たちが捕食される側になるなんて事は、特に日本国内に住んでいればそうそうない事だと思いますが、六線沢では実際にこういう事件が起きて7名もの人が亡くなりました。(羆が...続きを読む

特集