青年社長(上)

青年社長(上)

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

幼い日、母の死と父の会社の倒産を体験した渡邉美樹は、小学校の卒業アルバムに「社長になる」という夢を記す。大学卒業後、経理を覚え、佐川急便のセールスドライバーで資金を貯めた渡邉は、仲間たちと会社設立を果たす。居酒屋「つぼ八」のフランチャイズ、お好み焼きチェーン、そしてサントリー、日本製粉との提携というチャンスも訪れるが。急成長を遂げたベンチャー、ワタミフードサービスの成功を実名で描く、ビジネス小説の傑作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2002年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

青年社長(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月16日

    ワタミの社長である渡邉美樹氏の半生記。少年時に経験した母親の死と父親の会社清算によって社長を目指す意を強くし、佐川のセールスドライバーを経て、つぼ八の店舗を買い取って学生時代の仲間と会社を作り、お好み焼き店「唐変木」を展開するところまでが上巻です。ここまでは順風満帆に事が進みますが、本人の計画性や人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月19日

    ワタミ社長の渡邉美樹のこれまでの軌跡を綴った小説。

    経理会社で財務を学び、創業資金を稼ぐために佐川急便のSDとして働くなど、ワタミができるまでの歴史や、渡邉さんの人を惹き付ける魅力や熱い思いが随所に見られる。

    渡邉さんは自分の夢に対して日付を決めて取り組んでいるというのは有名な話だ。会社を作る、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月05日

    下巻も含めて、読み終えました。ワタミの渡邊美樹氏(現会長)の起業家精神、世のため人のための生きる人間力、カリスマ性に脱帽。作者の高杉さんもすごいです。途中で何度が涙がこみ上げた。店頭公開を達成したときの社員全員とその両親を招待したパーティーは感動的。ちなみに現社長の桑原さんは、美樹さんの最初の就職先...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月25日

    ワタミフードサービス株式会社社長渡邉美樹という実在の人物をモデルとしたノンフィクション小説である。上巻は大学卒業から日本製粉との提携までが描かれている。渡邉の意志の強さ、カリスマ性が存分に伝わってくる、非常に魅力あふれる物語である。この本の中で渡邉を支援する人はたくさんでてくる。この人たちを惹きつけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    高杉良作品の実名、実話小説!!

    現ワタミ株式会社の渡邉美樹会長の
    ベンチャー魂、数多くの困難や失敗、出会いが
    見事に描かれている勇気がでる小説です。

    これから起業する人、はたまた起業に行き詰っている人に
    とてもお勧めなモチベーションが上がる作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この本を読んでからワタミに行くと、いつもとは違う不思議な感覚に襲われる。

    会社設立のプロセスや株主総会の実態、株式上場の流れなど下手な経営学や経済学まなぶよりず〜っと勉強になる。さすが経済小説の雄。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ワタミフードサービス社長、渡邉“ミッキー”美樹の物語。
    すごいパワーの持ち主である。半端ない努力と、ゆるぎない信念。
    夢に日付を入れ願い続けることの大切さが、ひしひしと伝わってくる。
    真実はどうであれ、物語の中から得るものは大きい。
    彼および彼の周辺で支える人物たちの、ひと角の努力と圧倒的な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    泣けた。
    下巻が愉しみ。

    「ただ俺と一緒に仕事をしたら、後悔させないと約束する」

    状況もスケールも違うけれど、最近そんな気持ちになった事があったばかりなので、素直に感動した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月07日

    高杉良の本は初めてだがとても良い本だ。ワタミの社長:渡邊美樹の半生を描いたもので彼の人となりが良くわかった。この本はリーダーシップの本だともいえる。どう自分で運命を切り開き、どう人を引き付けて巻き込み、組織として会社としてどう成長させていくか、常に挑戦をしているのだ。リーダーとしてあるべき姿だと思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月03日

    まだ上巻を読み終わったのみ

    小説なのでフィクションも含まれ、相当美化もされているだろうが、頑張らなきゃ、という気持ちにさせられた。

    ブラック企業の代名詞のようにいわれているが、自分にできたことや自分の考えが正しいという信念の現れだろうから改善はされないのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

青年社長 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 青年社長(上)
    704円(税込)
    幼い日、母の死と父の会社の倒産を体験した渡邉美樹は、小学校の卒業アルバムに「社長になる」という夢を記す。大学卒業後、経理を覚え、佐川急便のセールスドライバーで資金を貯めた渡邉は、仲間たちと会社設立を果たす。居酒屋「つぼ八」のフランチャイズ、お好み焼きチェーン、そしてサントリー、日本製粉との提携というチャンスも訪れるが。急成長を遂げたベンチャー、ワタミフードサービスの成功を実...
  • 青年社長(下)
    704円(税込)
    ワタミフードサービスを率いる渡邉美樹は、山積する課題に直面していた。フランチャイズ店の不振、迫られる業態転換、子会社化を求める大企業との攻防、仲間との別れ。新ブランド「居酒屋 和民」の成功で困難を乗り切った渡邉は、かつて、「僕が語る夢には日付が入っています」と妻に約束した念願の株式公開に向け、歩み続ける。家族、友情、取引先との信頼関係に支えられ、ベンチャーに乗り出した男の爽...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

青年社長 に関連する特集・キャンペーン