管理職の本分

管理職の本分

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

竹山総理銘柄として強引な営業で業績を伸ばした名門・東都生命は、不良債権問題の風評などで経営が悪化。合併間近の東亜銀行の融資も得られず、更生特例法で外資系生保が受け皿に。管財人室長に抜擢されたエースの友部陽平は、全社員の処遇に心を砕き、関連会社などの売却をめぐって管財人団と対決する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年12月09日
紙の本の発売
2012年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

管理職の本分 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年10月01日

    千代田生命の破綻を扱ったもの。主人公が熱く、かっこよすぎ。最後は、作者の今の不満を主人公に語らせている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月06日

    日本の保険会社が社長の世代交代が遅れた事により経営破綻になり、それに関わった社員の行動が書かれていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月18日

    経営破たんした千代田生命がモデルとなった高杉良のビジネス小説。
    うん、ちょっと物足りない。
    山場があるわけでもなく、何だかなーって感じで一気に終わってしまいましたとさ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月12日

    生保、どこが潰れ、どこが合併し、どこが外資に、そしてまたどこかに売却、合併。

    もはやさっぱりわからん。

    私も損保の代理店の仕事の経験あり。そして破綻も経験。

    結局泣くのは客。とんでもないわい。

    一気に読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています