金融腐蝕列島(上)
  • 値引き

金融腐蝕列島(上)

作者名 :
値引き価格 438円 (税込) 5月23日まで
通常価格 626円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大手都銀行・協立銀行の竹中治夫は、突然、本社総務部への異動を命じられる。通称“渉外班”――総会屋対策を担当するポストである。上層部からの特命を帯びた竹中は、心ならずとも不正融資に手を貸してしまう。組織と個人の狭間で葛藤しながらも、ワンマン会長のスキャンダル隠しに加担せざるをえなかった竹中は、会長側近の秘書役と駆け引きし、元大物総会屋や企業舎弟じみた人物との交渉に奔走する。今日の銀行が直面する問題に鋭いメスを入れ、日本中を揺るがせた衝撃の話題作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB

「金融腐蝕列島(上)」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2007年04月13日

渉外班という、エリートコースの行員はまず着かないポストにつけられ総会屋対策をすることになった主人公の話。
単純に読み物としても面白いのだが、話にうまいこと金融の実体を説明する文章をはさみ込む高杉良の筆力は圧巻。
バブル後の建て直しで必死な都銀の姿が描かれる。
ノーパンしゃぶしゃぶが何なのかが分かって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月27日

T部長に勧められて読んだ本。バブル期の銀行の悪行と、総会屋や暴力団との関わり、政府と銀行の関係、などが描かれている。難しい表現もよく出てきて読むのに時間がかかったけれど、今の仕事にも形を変えてでてきそうなお話でした。
サラリーマンとして上司とどう対峙するのか、面白いお話でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月06日

行内一大勢力で役員手前の佐藤秘書役とその腰巾着で同期でエリートMOF担の杉本の策略に巻き込まれ、ある調査・融資に荷担することになる。
やくざや総会屋との交渉など、銀行会の裏の世界が描かれていて、事実はともかく、おもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月01日

銀行の歴史を知らない世代なので、歴史を学ぶという意味でも面白かった。もちろん普通に小説としても面白い。とりあえずシリーズ全部読んでみたいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月02日

初めて読んだときは、面白くて止まらなくなった。銀行の専門用語も多いが、ストーリーがはっきりしていて読みやすい文章なので、女性にもとっつきやすい。その後、2、完結編、続、新など、次々と出たが、つい読んでしまう。いずれも最初のテンションは下がっておらず、また飽きさせないのはさすが。この著者の本は出ると買...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「金融腐蝕列島」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!