金融腐蝕列島(上)

金融腐蝕列島(上)

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大手都銀行・協立銀行の竹中治夫は、突然、本社総務部への異動を命じられる。通称“渉外班”――総会屋対策を担当するポストである。上層部からの特命を帯びた竹中は、心ならずとも不正融資に手を貸してしまう。組織と個人の狭間で葛藤しながらも、ワンマン会長のスキャンダル隠しに加担せざるをえなかった竹中は、会長側近の秘書役と駆け引きし、元大物総会屋や企業舎弟じみた人物との交渉に奔走する。今日の銀行が直面する問題に鋭いメスを入れ、日本中を揺るがせた衝撃の話題作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2007年04月13日

    渉外班という、エリートコースの行員はまず着かないポストにつけられ総会屋対策をすることになった主人公の話。
    単純に読み物としても面白いのだが、話にうまいこと金融の実体を説明する文章をはさみ込む高杉良の筆力は圧巻。
    バブル後の建て直しで必死な都銀の姿が描かれる。
    ノーパンしゃぶしゃぶが何なのかが分かって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月27日

    T部長に勧められて読んだ本。バブル期の銀行の悪行と、総会屋や暴力団との関わり、政府と銀行の関係、などが描かれている。難しい表現もよく出てきて読むのに時間がかかったけれど、今の仕事にも形を変えてでてきそうなお話でした。
    サラリーマンとして上司とどう対峙するのか、面白いお話でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月06日

    行内一大勢力で役員手前の佐藤秘書役とその腰巾着で同期でエリートMOF担の杉本の策略に巻き込まれ、ある調査・融資に荷担することになる。
    やくざや総会屋との交渉など、銀行会の裏の世界が描かれていて、事実はともかく、おもしろい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月01日

    銀行の歴史を知らない世代なので、歴史を学ぶという意味でも面白かった。もちろん普通に小説としても面白い。とりあえずシリーズ全部読んでみたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月02日

    初めて読んだときは、面白くて止まらなくなった。銀行の専門用語も多いが、ストーリーがはっきりしていて読みやすい文章なので、女性にもとっつきやすい。その後、2、完結編、続、新など、次々と出たが、つい読んでしまう。いずれも最初のテンションは下がっておらず、また飽きさせないのはさすが。この著者の本は出ると買...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年08月10日

    バブル期の日本の銀行がモデル

    大蔵省役人への過剰接待、大物総会屋、頭取による銀行の私物化


    ノーパンしゃぶしゃぶもMOF担当という銀行員の幹部候補が行っていたものだったんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年05月01日

    同期のエリートの陰謀かはからいか、
    主人公の竹中は総務部“渉外班”通称総会屋担当へと異動させられる。しかし、竹中が担当するのは、普通の総会屋ではなく、特命係長のようなお仕事。

    一昔前の株主総会の凄まじさを垣間見ることが出来ます。同時にさらに昔には、総会屋に総会を荒らされないために、一体どれだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2006年08月20日

    の勢力に侵食され、信用を失った銀行・証券会社が次々に崩壊していく。総会屋対策のポストに異動させられた大手銀行員・竹中に活路はあるのか!? 日本の大銀行の内実を明らかにした迫真のドラマ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月20日

    銀行が舞台になっています。
    三和銀行がモデルになっている”協立銀行”が舞台。
    正直、銀行ってところはどんな業務をしているのか知っていそうで、
    知らないことが多く”へぇ~”って感じでした。
    特に、主人公が色々と銀行の裏側で、スキャンダルを処理するところなどは、
    フィクションならではの描写だろうなぁ~
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月27日

    バブル崩壊後の金融業界の裏話的な内容。というか、金融に疎い自分にはこれが真の「裏話」なのかすら”?”なのだが、誰もが知っている大手銀行にもこういう裏の顔があるんだろうな、と勝手に納得。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 11件
  • 金融腐蝕列島(上)
    638円(税込)
    大手都銀行・協立銀行の竹中治夫は、突然、本社総務部への異動を命じられる。通称“渉外班”――総会屋対策を担当するポストである。上層部からの特命を帯びた竹中は、心ならずとも不正融資に手を貸してしまう。組織と個人の狭間で葛藤しながらも、ワンマン会長のスキャンダル隠しに加担せざるをえなかった竹中は、会長側近の秘書役と駆け引きし、元大物総会屋や企業舎弟じみた人物との交渉に奔走する。今日の...
  • 金融腐蝕列島(下)
    638円(税込)
    緊張の定時株主総会を終えて渉外班の任を解かれた竹中治夫の次なる仕事は、営業本部プロジェクト推進部で大口の不良債権処理を進めることだった。その回収に乗り出して右翼や暴力団からターゲットにされた竹中は、家族まで巻き添えにされ、辛い闘いを強いられる。闇の社会に浸食されて腐敗した銀行にあって、竹中は活路を見出せるのか。先行きの不透明な日本経済の現状のなかで、ミドルの生き方を問いかけ...
  • 呪縛(上) 金融腐蝕列島II
    思いもかけなかった検察による大手都銀への強制捜査。朝日中央銀行企画部次長の北野浩は崩壊の危機に直面し、志を同じくする役員、上司、同期のMOF(大蔵省)担らと共に銀行の健全化のために立ち上がる。上層部の葛藤、外部勢力の圧力、マスコミによる糾弾が続くなか、北野たちは闇社会や組織の呪縛と闘っていく。ビジネスマンの誰もが感じる大組織の閉塞感からいかにして脱却していくかを、一人の管理職の生...
  • 呪縛(下) 金融腐蝕列島II
    検察の強制捜査後、内部の軋轢と外圧にのたうつ、朝日中央銀行。銀行の再生を願う北野たちミドルは、闇社会との関係を断ち切るべく立ち上がった。新執行部は株主総会を乗り切ったものの、前会長の自殺という悲劇を迎え、北野たちも動揺を隠せない。前会長からメッセージの込められた遺書を託された北野は、権力に固執する佐々木相談役に対決を挑む。闇社会との関係を排除し、行内の正常化を果たさない限り...
  • 再生(上) 続・金融腐蝕列島
    金融不祥事を辛くも乗り切った大手都銀・協立銀行。不良債権処理に奔走する営業本部プロジェクト推進部副部長の竹中治夫は、銀行の責任を追及する住宅金融債権管理機構への対応を命じられる。機構との対決、上層部の対立、検察による元MOF(モフ)担取り調べと、銀行は再び揺れ始め、竹中は心ならずも大物フィクサーへの不正融資にかかわる。さらに竹中を家庭崩壊の危機が襲う。金融界の現実を圧倒的迫力で描...
  • 再生(下) 続・金融腐蝕列島
    大阪・梅田駅前支店に転出した竹中治夫は、「貸し剥がし」といわれる過酷な債権回収の現実に直面した。優良取引先からも強引に資金を引き上げる銀行の論理の前に、個人の無力を痛感する。広報部長として復帰した竹中を待っていたのは、激化する上層部の抗争だった。危機的状況に陥った協立銀行再生のため、ミドルたちが立ち上がる! 組織のなかで苦闘するビジネスマンの姿を描き、大きな話題を呼んだ「金融...
  • 混沌(上) 新・金融腐蝕列島
    産銀、芙蓉、朝日中央の大手銀行3行が経営統合を発表した。世界一のメガバンク誕生に、内部抗争のつづく大手都銀・協立銀行は騒然となる。焦る経営陣は、首都圏を基盤とするあけぼの、中京圏に強い東亜の中位行連合に割り込もうとし、アライアンスの頭取特命を受けた広報部長の竹中治夫は折衝に乗り出す。銀行マンの意地とプライドを賭けた駆け引きが始まった!金融再編の暗部を迫真のリアリティで描いた経...
  • 混沌(下) 新・金融腐蝕列島
    東亜・あけぼのの中位行連合に割り込んだ協立銀行は、大手行意識を剥き出しにする。担当役員の格、合併比率、統合方式の変更など、反発を募らせたあけぼの銀行は離脱へと動き、危機感に駆られた竹中は必死の奔走を続ける。紆余曲折を経てJFGグループが発足、4大メガバンクの一角にとどまろうとするが…。上司と部下、同僚、ライバルなど組織の人間関係を克明に描き、日本の経済と銀行の未来を暗示した衝撃の...
  • 消失(上) 金融腐蝕列島・完結編
    都銀大手・協立銀行の執行役員で広報部長の竹中治夫は、大阪・中之島支店長への異動を命じられた。中京圏を基盤とする中位行・東亜銀行との合併を控え、関西全般の不良債権処理が名目だったが、明らかに左遷であった。JFG銀行設立を大阪で迎えた竹中は、苛酷な不良債権処理の圧力の中、中堅建設業・スズキ工務店の再建に取り組むが…。バブル以降の金融業界を、圧倒的スケールで克明に描いた「金融腐蝕列島...
  • 消失(中) 金融腐蝕列島・完結編
    融資先企業をめぐるライバル行との駆け引きを経て、金融庁の厳格検査を乗りきったJFG銀行中之島支店長の竹中は、人事・総務担当の常務執行役員として東京に戻った。金融庁のあからさまな「JFG潰し」に対抗するためには、資本不足を補う大型増資が必須だったが、行内では「グリーン化作戦」と称する旧東亜銀行系への露骨な排除が始まり、内部抗争で混乱がつづく。組織の方針の前に、公平な人事を目指す竹中...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「金融腐蝕列島」に関連する特集・キャンペーン