銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(1)
  • 完結

銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1993年、協立銀行虎ノ門支店副支店長の竹中治夫は総務部主任調査役へ、突然移動することになる。平凡なサラリーマン人生を歩んできた竹中に命じられたのは、総会屋対策の「渉外担当」だった。最初の特命はなんとワンマン会長の娘の不倫トラブル隠しだという。バブル経済崩壊後の欲望渦巻く銀行のなかで、男は孤独と葛藤に揺れながら、生き残りを賭ける。時代や人に翻弄されながらも、働くことに身をささげる――

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
週刊現代
電子版発売日
2015年12月11日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
108MB

銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    ストーリーで読ませる。

    じゃがいも 2020年06月03日

    企業犯罪物を得意とする高杉良の原作がさすがにしっかりしているので、ストーリー展開だけで読ませる。
    コミックとしては絵が素直すぎるし、小説のコミカライズのけってとしてありがちな 地の文が多すぎる という課題はあるが、ストーリがしっかりしているのでさほど気にならない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月13日

    小説をそのままマンガにしたようなスクエアな作り。これだけ素直なのも珍しい。漫画チックにヘンにおどけないので読みやすい。ただ絵があまりに稚拙。これも飛び跳ねた絵ではないので読めるけど。
    主人公は総会やなどの総務の渉外担当。ちょっと読んでみたい世界だ。最初は頭取の娘が愛人を作り、その愛人が融資を言ってき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    引き込まれます

    まめお 2016年09月27日

    10数年前に小説を読みましたが漫画版も面白い、話に引き込まれていきます。。続きに期待

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    感想 銀行渉外担当 竹中治夫

    アカイロトウマス 2017年03月12日

    庶民である自分には、縁も所縁も無い世界のお話です。
    バブル、銀行、総会屋、不正融資、大蔵省。それらを股にかけて描かれるスーパー銀行マンの活躍がSF的にも思えました。
    認識のみの知らない世界って、空想と同じだと思いませんか?
    ただ、漫画の評価は事実云々よりも読み応えです。
    面白さが大切だと思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~ のシリーズ作品 全8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(1)
    完結
    1993年、協立銀行虎ノ門支店副支店長の竹中治夫は総務部主任調査役へ、突然移動することになる。平凡なサラリーマン人生を歩んできた竹中に命じられたのは、総会屋対策の「渉外担当」だった。最初の特命はなんとワンマン会長の娘の不倫トラブル隠しだという。バブル経済崩壊後の欲望渦巻く銀行のなかで、男は孤独と葛藤に揺れながら、生き残りを賭ける。時代や人に翻弄されながらも、働くことに身をささげる――
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(2)
    完結
    協立銀行総務部主任調査役の竹中治夫はワンマン会長・鈴木の娘の不倫トラブルの後始末に奔走する。大物フィクサー・児玉由紀夫との折衝、総会屋対策を経て、竹中は組織を守り、行内での生き残りを賭ける。報われなくても働くしかない。あの時代、そして今を生きる人々へ贈る正しき"社畜のススメ"!!
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(3)
    完結
    舞台はバブル崩壊後の1993年――、協立銀行・プロジェクト推進部の竹中治夫(たけなか・はるお)は「渉外担当」として、不良債権の処理を押し進めていた。そんな中、担当する協産ファイナンスの粉飾決算と不良債権の「飛ばし工作」に気づき、首謀者の石水晃三(いしみず・こうぞう)副社長と対峙する。竹中はヤクザと繋がりのある石水を特別背任で告訴しようとするが、自宅を街宣車に囲まれてしまった。竹中は反社会勢力...
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(4)
    完結
    舞台はバブル崩壊後の日本――、協立銀行・プロジェクト推進部の竹中治夫は「渉外担当」として、不良債権の処理を押し進めていた。元大物総会屋・児玉の仲立ちで協立銀行と脅しをかけていた関州連合の手打ち式は無事に執り行われた。竹中がホッとしたのも束の間、大手週刊誌に横浜支店の不正融資がリークされる。10億円の振込先は会長の娘・雅枝のペーパーカンパニーだった。竹中は銀行を守ることが出来るのか。
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(5)
    完結
    1996年、週刊誌の報道を皮切りに、協立銀行横浜支店の不正融資問題が発覚する。「渉外担当」の竹中治夫は、スケープゴートにされた大島支店長に真相を問いただすべく奔走する。事件はやがて、不正を主導した鈴木会長と、行内の自浄を目指す斎藤頭取の覇権争いへつながっていく。
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(6)
    完結
    舞台はバブル崩壊後の日本――、協立銀行・プロジェクト推進部次長の竹中治夫は、住宅金融債権管理機構への対策を命じられる。住管機構の社長は「正義の弁護士」とも賞される高尾幸吉。住管機構は、グレー案件を多く手掛け、バブル崩壊とともに6兆の不良債権を背負った「住専」の債権回収と金融秩序の維持を名目に設立された国策会社であり、この問題には多額の血税が投入されていた。正義の味方を相手に竹中はど...
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(7)
    完結
    舞台はバブル崩壊後の日本――、協立銀行・プロジェクト推進部次長の竹中治夫は、頭取からの特命に追われていた。標的は住宅金融債権管理機構の社長で「正義の弁護士」とも賞される高尾幸吉。住管の不良債権を調査する中で、竹中は鈴木相談役の愛人への過剰融資問題を突き止める。一方、同期のエースで大蔵省担当の杉本は贈賄問題で検察の厳しい追及を受けていた。
  • 銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より~(8)
    完結
    協立銀行プロジェクト推進部の竹中は、斎藤頭取の特命を成功させると、その功績を認められ、出世の内示を受けた。その裏では、佐藤取締役、プロジェクト推進部の川瀬と須田が竹中のワンマンプレーを苦々しく思い、女子行員を使った謀略を練っていた。その策に竹中はまんまとはまり、キス写真を撮られてしまう。やがて、その一枚の写真が斎藤頭取、永井取締役を巻き込んだ権力闘争へと繋がっていく。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています