人類資金I

人類資金I

作者名 :
通常価格 275円 (250円+税)
紙の本 [参考] 550円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

無料キャンペーン中

人類資金 無料試し読み版

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

終戦時、日銀の地下倉庫から莫大な金塊が姿を消した。戦後の混乱と日本の復興を糧に膨れ上がったその資産の名は『M資金』。七〇年ののち、詐欺を生業とする真舟雄一の前に“M”と名乗る男が現れ、とてつもない計画を持ちかける。「『M資金』を盗み出してもらいたい。報酬は50億」待望の書下ろし超大作!(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2013年08月09日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2016年01月10日

    戦後日銀から盗まれた金塊。それは、戦後の企業勃興のために使われる資金となる。通称、M資金。表舞台には出ず、様々な噂、憶測を呼ぶ資金。
    現在、そんなM資金を巡る詐欺で生活する詐欺師真舟雄一の下に、世界を救うためにM資金を盗んで下さい、との依頼が入る…。

    物語はそこからスタート。ロッキード事件やリーマ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月11日

    こちらは映画にもなったそうですね。小説としても非常に面白いです。M資金という昔からある詐欺話なのですが、ストーリーの根本が本当に深い!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月20日

    誰がこんなルールを作ったんだ?
    変える事は悪なのか?
    戦後の永きに渡り秘匿され続けた謎が解明される?
    なんだかワクワクします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月19日

    M資金を扱う小説・漫画を最近読んで興味を持った。M資金を解説する書籍は、入手できない状況だ。M資金を引き継いだ財団があった……それはM資金が実在するという証。それを下敷きに、M資金詐欺という古典的な手法で詐欺を行なう真舟と、実在とエビデンスを与えられた財団が接触する! 東日本大震災、アベノミクスとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月13日

    根底の考えに実はとてもリアリティーがあり面白い。特にこのテーマは私も共感する部分も多くある。

    金融資産を増やす事を、カードゲームのカードを増やす事と同じ感覚でいる。生きる為や生き甲斐の為に稼いでいるのではなく、ただその「ルール」の中で人が生かされているから。という考えは今の日本、時に若者の実態を如...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月07日

    導入が長い。本1冊を使って物語の導入をする。
    贅沢な構成です。
    それだけに話の先が気になる。早く先を読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月01日

     福井晴敏 著「人類資金1」を読みました。

     終戦の日、日銀の地下金庫から莫大な金塊が姿を消し、戦後の混乱と復興を糧に膨れ上がったその資産の名は、「M資金」。ある詐欺師の前にとてつもない計画が持ちかけられる。

     閉塞し混迷を深める世界に革命を起こす壮大なストーリーの幕開けとなる1巻でした。

     ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月08日

    映画の原作ものであり、所詮、映画の枠中に囚われたものであろうと思って読み始めたが、最初は殆んど、M資金に関わるエピソードで終始、そこから序幕でやっと話が始まるので、映画はまだ見ていないが、やはり、単なるノベライズに終わらないのが作者らしい。序幕からは一気に作者節で、現状に対する怒りを作者特有の視点で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月09日

    世にも珍しい、映画と小説の同時進行。

    で、期間限定のリーズナブルなお値段。
    まるでデア〇スティーニとかの「初回はバインダー付きで〇〇〇円!」みたいな。
    思わず1~3までまとめ買いしてしまいました。

    中身はというと・・・、ふ~んM資金か・・・。
    ファンドがなんたらかんたらで、リーマンショックがベン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月03日

    序章としては可もなく不可もなくといったところ。まだ、時代背景の説明・登場人物の紹介に終始している感じ。今後の展開に期待を込めて☆4つ。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 人類資金I
    275円(税込)
    終戦時、日銀の地下倉庫から莫大な金塊が姿を消した。戦後の混乱と日本の復興を糧に膨れ上がったその資産の名は『M資金』。七〇年ののち、詐欺を生業とする真舟雄一の前に“M”と名乗る男が現れ、とてつもない計画を持ちかける。「『M資金』を盗み出してもらいたい。報酬は50億」待望の書下ろし超大作!(講談社文庫)
  • 人類資金II
    550円(税込)
    謎の男“M”に盗み出してほしいと依頼された『M資金』。かつて育ての親を死に至らしめたその存在に呪縛され続けてきた真舟は、“M”との接触を機に日本の地下に蠢く力学の奔流に呑み込まれていく。この世界をあまねく支配する“ルール”の外へ――真舟はこれまでの人生を覆し、依頼を受ける覚悟を決める。(講談社文庫)
  • 人類資金III
    550円(税込)
    ロシアのファンドマネージャー鵠沼英司は無断取引を繰り返し、小国の国家予算並みの赤字を抱え込んでいた。本部の査察が入り絶体絶命となった鵠沼は窮地から逃れるため、国家間の恐ろしい陰謀に荷担するが――。真舟の一世一代の周到な計画は、強固に守られた莫大な電子マネー『M資金』を盗み出せるのか?
  • 人類資金IV
    550円(税込)
    思いがけずロシアで出くわしたのは、6年前から真舟を恨み執拗に追っていたヤクザ酒田だった。間一髪逃れた真舟だが、『M資金』を盗み出す大博打の最終局面で再び窮地に陥る。観念した真舟の前に姿を現したのは――。「世界が変わる瞬間をあなたに見せたい」真舟に告げた“M”の正体は、計画の真の目的は?(講談社文庫)
  • 人類資金V
    550円(税込)
    資本という魔物に食い尽くされつつある世界を救うには。呪われた遺産『M資金』の継承者たる自分がなすべきことは。求道者のごとく問い続けながら世界を彷徨していた笹倉暢人は、流れ着いたアジア辺境の小国でついにその答えと出会った。自分がしたことの真の意味を知った真舟の前に立ちはだかるものは。(講談社文庫)
  • 人類資金VI
    550円(税込)
    解放せよ。この後ろ暗い金を、今こそ人類のために。命と引き替えに託された男たちの思いをただ一人受け止め、世界に挑む捨て身の戦い。次巻完結! 最終巻『人類資金7』2014年初夏刊行予定。完結記念『限定版 人類資金7』刊行決定!『人類資金』誕生前夜に福井晴敏によって書かれたフルボリューム・プロットを、創作秘話を明かす著者コメンタリー付きで完全公開する特別冊子『人類資金0』と2冊セット。通常...
  • 人類資金VII
    1,078円(税込)
    本庄が命と引き替えに手に入れた"爆弾"を託された真舟と美由紀は関西最大の広域暴力団と組み、世界の株式市場を相手に壮絶な仕手戦を仕掛ける。期限はわずか三週間。そして石は暢人の命と『M資金』の未来を背負い、ただ一人ある舞台へと――。人間への信頼を高らかに謳い上げる一大巨編、ついに完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています