新装版 大逆転! 小説 三菱・第一銀行合併事件

新装版 大逆転! 小説 三菱・第一銀行合併事件

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

三菱、第一銀行が合併――1969年元日、歴史的スクープが読売新聞の一面を飾った。金融国際化を見越した両行頭取による合併工作に、非財閥系の第一マインドを消滅させてはならじと一人反対の姿勢を貫いた常務の島村。いきなりの左遷にも怖じることなく闘う姿に、組織と人間のあり方を問う記念碑的企業小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2011年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

新装版 大逆転! 小説 三菱・第一銀行合併事件 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月25日

    企業合併にここまで反対できる人はいないだろう。上層部、会社の決定には逆らえないというのがサラリーマン間での暗黙の了解であり、それが愛社精神などと思われている。そういった精神は果たして正しいのか、信念を曲げてでも従わなければいけないのか、その覚悟はあるのか、よく考えさせられる作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月24日

    第一銀行と三菱銀行の合併構想を第一銀行の反対派が阻止する話。非常に大きな企業の決断もまた、人が行っているんだなと、当たり前のことに気付く。数十年が経過した、現在の二行の現状を照らし合わせても面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月06日

    「第一銀行(現・みずほ)と三菱銀行(現・三菱東京UFJ)が合併します。」社長同士の合意から始まった騒動は多くの関係者を巻き込んでいく。

    今でこそ3メガバンクだか、1970年代の高度経済成長期、産業界の大型化に伴い資金調達力向上のための銀行のメガバンク構想は、やるべきだが皆様子見であった。

    構想や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月08日

    まさに合併事件です。違う会社が一緒になるということは気力も体力もいることだなと実感しました。第一銀行から第一勧業銀行そしてみずほ銀行へ会社の未来は主人公の納得できたたものになったんでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月31日

    高杉小説はいくつも読んでいます。常務という立場にありながら頭取の合併案にただ1人反対します。左遷後も粘り強い反対活動を行う姿はけっして自分の信念を曲げない男の強さを感じました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年08月24日

    改めて読み直しました。大合併は本編の焼き直しで、後半はやや緊張感に欠けましたが、これは著者の傑作だと思います。主人公・島村元常務の骨っぽさ、井上会長の熱意、そして長谷川頭取との対決。登場人物が全て魅力的ですね。取引先、支店長、労組を巻き込んで劣勢を跳ね返す、そして大逆転の結末へ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新装版 大逆転! 小説 三菱・第一銀行合併事件 に関連する特集・キャンペーン