千葉雅也の一覧

「千葉雅也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 欲望会議 「超」ポリコレ宣言
    二村の映画評に共感する点多し。シェイプオブウォーターの半魚人との性行は世にあるようなマイノリティを越えた恋愛であるはずはない。ポリコレに含有されているファッショを開き直って明言してくれて溜飲が下がると同時に表現の危機をも孕んでいることは確かだ。
  • 欲望会議 「超」ポリコレ宣言
    とても良い本だった。

    コンプライアンス至上の現代で感じる、正しいけれども閉塞感がある状況を、的確に言語化しており、未来を考えることができるようになる本だと感じた。

    開沼博さんの漂白される社会を数年前に読んだ時に、現代社会と日本の未来は絶望だな、と思ったけど、この本を読んで気持ちを立て直すことがで...続きを読む
  • 意味がない無意味
    詳しくはわからないが、ラカンのあらゆる意味を吸い込むような対象aは男性器(あるいはそのブラックホール的な欠如?)に象徴されるらしい。それにかわる、「盛り上がり」「もっこり」という概念は、そうしたあからさまな男女二項対立の概念をズラす役割を果たしているらしい。
    ふと思い当たったのは、本書はあらゆるまど...続きを読む
  • 欲望会議 「超」ポリコレ宣言
    サクサク読めてザクザクくる本。
    「性的欲望」を根底に、一つの章の中だけでも様々な論点が散りばめられている。
    自分には馴染みのない問題について話していたと思いきや、急に自分の心をサクッとえぐってくる発言があったりして、ジェットコースター感ありました。
    現代の生・性を捉える一助としても、知的エンタメとし...続きを読む
  • 勉強の哲学 来たるべきバカのために
    副題の「バカ」を誤解し、本書を早く手に取らなかったのを後悔する。

    自分のような、勉強に関して、限りなく横にも広がるし(本書で言うユーモア)、限りなく縦にも深める(本書で言うアイロニー)人間にとって、勉強の限界、効用、実践を言語化してくれた著書に感謝したい。勉強に関する不安が一掃された。

    テクスト...続きを読む