意味がない無意味

意味がない無意味

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

頭を空っぽにしなければ、行為できない……ベストセラー『動きすぎてはいけない』『勉強の哲学』で注目の哲学者が、「身体と行為」の本質へ迫る、待望の論集!千葉雅也十年の成果。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
河出書房新社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2019年05月10日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

意味がない無意味 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月15日

    詳しくはわからないが、ラカンのあらゆる意味を吸い込むような対象aは男性器(あるいはそのブラックホール的な欠如?)に象徴されるらしい。それにかわる、「盛り上がり」「もっこり」という概念は、そうしたあからさまな男女二項対立の概念をズラす役割を果たしているらしい。
    ふと思い当たったのは、本書はあらゆるまど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月27日

    「意味がない無意味」でいわゆる決意表明のような主張を投げかけ,続く文章はポストポストモダンのアウトラインであったり,芸術美術批評だったり,文化に対するエッセーや書評,あるいはラーメン偏愛まであって,哲学的な味付けをしながら(つまりは少しわかりにくい表現で)いろいろ述べられている.長野まゆみ氏や稲垣足...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月19日

    身体ー儀礼ー他者ー言語ー分身ー性。文章ごとに伸縮し、筆致を変える、ライティングスタイルに痺れる。『思弁的実在論』も読んでいたので、哲学パートの理解に助かった。ギャル男を哲学できるのは、千葉さんくらいだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています