窪美澄の作品一覧

「窪美澄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:窪美澄(クボミスミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1965年
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

カリタス女子高等学校卒。『ミクマリ』でR-18文学賞大賞受賞。受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』で2011年に第24回山本周五郎賞受賞、第8回本屋大賞第2位となり、映画化もされた。その他作品に『晴天の迷いクジラ』、『クラウドクラスターを愛する方法』、『よるのふくらみ』などがある。

作品一覧

2024/01/23更新

ユーザーレビュー

  • ふがいない僕は空を見た(新潮文庫)
    窪さんの、こういう読後感とても好き。
    4作目ということもあって信頼と実績で安心して読めました。

    誰しもが持っている、どうしようもない弱さと歪みとをこんなにも誠実に描き出すのすごすぎる。
    それを受け止めながらも、自分らしさをあきらめずに顔を上げるようなイメージで、ゆっくりジワジワと心に温かいもの広が...続きを読む
  • ふがいない僕は空を見た(新潮文庫)
    ふがいない。みんなふがいないんだな、と思った。厄介なものがあって当たり前だし、そこから逃げられるけど逃げられないっていうのも当たり前なんだな、と思った。
    登場する人たちがみんな優しくて、そんなことまでしなくていいのにと思う場面が何度もあった。とんでもないものがある人はそれ以外をよくしていかないといけ...続きを読む
  • ははのれんあい
    最初タイトルから母親に好きな人ができてその人と恋に落ちていくのが主体の話かと思いきや、、

    ちはるの健気さに心打たれました。
  • 夜空に浮かぶ欠けた月たち
    エピローグ読んでいて自然と涙が出ました。
    読んで良かったです。
    症状の描写がとてもリアルです。ゆっくり休まなきゃいけないのに、焦って早く治さなきゃって思っちゃうんですよね。メンタルが疲れて参った経験があるとより共感できます。
    旬先生やさおり先生みたいなお医者さんが近くにいてくれると心強いですね。
    ...続きを読む
  • ぼくは青くて透明で
    それぞれの人達の想いがとても切なかった。
    でも温かい気持ちも同じくらい溢れていてとても美しいお話だと思いました。
    性別は関係ない。
    出会う人にはどうしたって出会ってしまう。
    2人の周りによき理解者がいて本当によかった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!