「窪美澄」おすすめ作品一覧

  • 作者名:窪美澄(クボミスミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1965年
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

カリタス女子高等学校卒。『ミクマリ』でR-18文学賞大賞受賞。受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』で2011年に第24回山本周五郎賞受賞、第8回本屋大賞第2位となり、映画化もされた。その他作品に『晴天の迷いクジラ』、『クラウドクラスターを愛する方法』、『よるのふくらみ』などがある。

作品一覧

2017/05/26更新

晴天の迷いクジラ
1296円(税込)
ふがいない僕は空を見た
ミクマリ
216円(税込)
よるのふくらみ
658円(税込)

受賞作品

晴天の迷いクジラ
1296円(税込)
ミクマリ
216円(税込)
ふがいない僕は空を見た

ユーザーレビュー

  • やめるときも、すこやかなるときも

    恋愛小説を読んでも最近では感動することもなくなってる自分が、こんなにのめり込んで読んで共感して涙を流した本は珍しい。最高の作品。

    Posted by ブクログ

  • やめるときも、すこやかなるときも

    やっぱり窪美澄はいい。
    人間賛歌の小説だと思う。
    高校時代に最愛の彼女を目の前で亡くして以来、その月の(12月)のある一定期間声が出なくなる家具職人の壱晴と、そのパンフレットを作ることになった制作会社の桜子。
    あーふたりが結ばれてほんとに良かった。
    ”すこやかなるときも、やめるときも”って普通言うけ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ふがいない僕は空を見た

    「救い」のものがたり。

    人はみんな不甲斐なさを持っていて、その露呈をごく自然に描いているのがこの作品。登場人物それぞれの視点で語り紡がれるが、すべての章においてじっとりした仄暗さが漂う。語り手口調の文章なので章毎に空気は変わるはずなのに、その仄暗さがすべての章をひとつに束ね、作品を完成させている。...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集