ともぐい

ともぐい

1,925円 (税込)

9pt

明治後期の北海道の山で、猟師というより獣そのものの嗅覚で獲物と対峙する男、熊爪。図らずも我が領分を侵した穴持たずの熊、蠱惑的な盲目の少女、ロシアとの戦争に向かってきな臭さを漂わせる時代の変化……すべてが運命を狂わせてゆく。人間、そして獣たちの業と悲哀が心を揺さぶる、河﨑流動物文学の最高到達点!!

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

ともぐい のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    読後、心が静かに震えた作品。
    荒々しく、猛々しく、むき出しの熊爪の生き方を想い、死に際の静けさの中に、感動があった。
    熊でもなく、人でもなく、ただただ、生まれ、朽ちるまでの狭間でひたすらに生きる事をしていた。
    熊になれなかった熊。
    人にはなりきれなかった、熊爪。

    最後、犬が戻ってきてよかった。

    0
    2024年06月17日

    Posted by ブクログ

    自分の親さえ知らない主人公は、狩猟を生業とする男に拾われて育った。生まれて此の方生活の大半を山に依存している。街に出ないわけではない。必要最小限のものを買うために遠い街まで出かけるのだ。金がない。狩猟で得た肉や毛皮・山菜等を売り、銃弾、酒米と僅かな物資を買う。主人公の名前は、稚児の頃、狩猟で得た熊の

    0
    2024年05月26日

    Posted by ブクログ

    熊爪さんの生き様

    生まれ育った環境に順応できるか、できないようならどう生きるか。

    自分は切り開いて行けるか考えさせられる。


    久しぶりに読んだという感触の大きい本でした。

    0
    2024年05月25日

    Posted by ブクログ

    熊文学。緊迫感のある狩の描写が素晴らしかったです。
    ゴールデンカムイという漫画でも熊との戦いがよく描写されるのですが、実際はこういう生きるか死ぬかの二択なのだろうなと思いました。
    話の本筋ではないのですが、とにかく主人公の狩の相棒である犬がいい子すぎて…。犬好きには特に刺さること間違い無しです。犬文

    0
    2024年05月22日

    Posted by ブクログ

    明治時代、北海道の山奥で一人、狩りをして暮らしている男が主人公。山での暮らし、獰猛な熊との闘いが主人公の目線で語られる。主人公が飼っている賢い犬が印象に残った。2023年下期直木賞。
    著者の作品は『締め殺しの樹』に次いで2作品目。久しぶりに重厚な物語を楽しみました。

    0
    2024年07月04日

    Posted by ブクログ

    仕事に疲れても、読みたい意欲が勝り一気読み。自分の先祖を辿れば、熊爪に行き着くんでは?すばらしい作品でした!

    0
    2024年06月30日

    Posted by ブクログ

    明治のころ、北海道の山中で狩猟や山菜採りなどで生計を立てている熊爪。人の社会に馴染めず獣の道理は守りながら暮らすが、それも破綻し半端者になったと個人的には思う。主人公をそれほど好きにはなれないが、物語としてすごく感動した。『ともぐい』というタイトルから著者は、人も獣も誰かを傷つけ、自分もまた誰かから

    0
    2024年06月18日

    Posted by ブクログ

    死んだ後の自分の体を同じ山に生きる獣に喰われたい、てのは自分には絶対に理解できない感情なんだけど、人間だけは特別って思い上がっているからなんだろうなぁ、と思う。
    色々と考えさせられ、揺さぶられるテーマが散りばめられた作品だったと思う。

    0
    2024年06月15日

    Posted by ブクログ

    2023年下期直木賞受賞作品

    直木賞作品であり一読しました。
    熊文学いや野獣文学いや動物文学の傑作とい言えるでしょう。
    熊との闘いリアルな描写は圧巻です。

    0
    2024年06月15日

    Posted by ブクログ

    山の風景や厳冬の過酷さに加えて獣の匂いと、明治後期の道東を舞台に主人公と人々の生活の対比が精密に描かれていて体験したようだった。それまでは或る山の漁師の話かと思ったけれど、後半の陽子をもらう辺りから恐ろしく純文学性が高まった。

    0
    2024年06月14日

ともぐい の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

無料で読める 小説

小説 ランキング

河﨑秋子 のこれもおすすめ

ともぐい に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す