米澤穂信の一覧

「米澤穂信」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:米澤穂信(ヨネザワホノブ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞し、デビュー。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞。2014年 『満願』で第27回山本周五郎賞受賞。『インシテミル』は映画化された。『氷菓』は漫画・アニメ化され、2017年映画化が決定している。

作品一覧

2020/01/30更新

ユーザーレビュー

  • 巴里マカロンの謎
    毎回毎回、出てくるスイーツがおいしそうで、ついつい食べたくなる衝動に駆られる、小市民シリーズの最新刊。11年ぶりってすごいな。

    ▼収録作品
    「巴里(パリ)マカロンの謎」
    「紐育(ニューヨーク)チーズケーキの謎」
    「伯林(ベルリン)あげぱんの謎」
    「花府(フィレンツェ)シュークリームの謎」

    訳あっ...続きを読む
  • 王とサーカス
    最後の方になって
    あーそゆこと?え?そうなの?
    人ってわかんないなーって思った。
    でもちゃんとあーーー考えれば
    そうなるかーったしかに。
    って感じでよかった。
  • さよなら妖精
    前半は異国から来た少女マーヤとの日々を振り返っているが、終盤での推理には読む手を止められないほど引き込まれた。
    マーヤの「哲学的意味がありますか?」と日本文化に対して興味を持つ姿は、千反田えるを彷彿とさせた。
  • 満願(新潮文庫)
    期待通りの面白さでした。
    特に印象に残ったのは「夜警」「万灯」「関守」
    どれもページをめくる手が止まらず、ラストであっと驚く展開を迎えました。
    どれもストーリーに隙が無く、良くできてるなぁと感心しました。
  • 氷菓(12)

    まだ続く

    アニメで放送された部分はほぼやり切った形となりますが、今後も二年生編を連載する模様。
    この完成度で読み続けられるのはやっぱり嬉しいですね。