「米澤穂信」おすすめ作品一覧

「米澤穂信」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:米澤穂信(ヨネザワホノブ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞し、デビュー。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞。2014年 『満願』で第27回山本周五郎賞受賞。『インシテミル』は映画化された。『氷菓』は漫画・アニメ化され、2017年映画化が決定している。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/14更新

ユーザーレビュー

  • 折れた竜骨 下
    ファンタジーでミステリー。素晴らしい作品だった。魔法やら呪いやら領主の娘やら騎士と従士やらがでてきて、しかも理性からの論理で謎を解く。
  • 満願(新潮文庫)
    読書中に眠くなったり、気が散ることがあるけど、この小説には一切それがなかった。
    これを機に未読のミステリー小説を掘り出します笑
  • 満願(新潮文庫)
    米澤穂信の著作を読むのは、『儚い羊たちの祝宴』以来久しぶりだ。短篇集は初めてである。『儚い-』を読んだときにも感じたことだが、米澤の描く小説世界は邪悪だ。一見ハートウォーミングな結末を予感させたりするけれども、ついには暗黒世界に突き落とされる。最後に示される真実、真相は、いつだって残酷なのだ。
    読後...続きを読む
  • さよなら妖精
    まさかユーゴスラビアの女の子を巡る話だとは知らず読み始めたが、引き込まれていった。
    自分もかつて八王子のバーで知り合った外国人たちがボスニア・ヘルツェゴビナから来たと知り、守谷君のように国がどこにあるのか、言葉を少し覚えようと、エクスプレス ボスニア・ヘルツェゴビナ語テキストを購入したことを思い出し...続きを読む
  • 儚い羊たちの祝宴
    一言の斬れ味の鋭さを感じさせる一冊。
    米澤穂信さんを知るきっかけとなった書籍であり、言葉を巧みに操り、読者を本の世界に引き込んでいく。

特集