インシテミル

インシテミル

作者名 :
通常価格 774円 (704円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

アルバイト情報誌に掲載されていた仕事は「ある人文科学的実験の被験者」になれば、時給1120百円…つまり11万2千円がもらえるというもの。これは誤植か? そんな仕事が実在するのか? 破格の条件につられて応募し、選ばれたのは12人の男女。とある地下施設に閉じ込められた彼らは、<実験>の内容を知り驚愕する。それは、より多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった──。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場! 映画化原作。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
513ページ
電子版発売日
2011年03月11日
紙の本の発売
2010年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

藤原竜也・綾瀬はるか他、豪華キャスト出演の映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」原作小説としてご存知の方も多いのではないでしょうか。作者である米澤穂信といえば、TVアニメ「氷菓」の原作シリーズ「古典部シリーズ」をはじめとした“小市民シリーズ”など、人の死なない日常系ミステリを得意とするイメージがあります。しかし、本作ではそれらと全く雰囲気を異にする命がけの犯人当てゲームが繰り広げられます。
舞台はクローズド・サークル「暗鬼館」。12体のネイティブアメリカン人形やノックスの十戒など、作中に散りばめられた本格推理小説へのオマージュも満載。一見すると“館もの”要素を取り入れたフーダニット(殺人者は誰だ?)の正統派ミステリかと思いきや、ロボットが登場したり主人公や名探偵キャラがまさかの展開に!ウルトラCに脱帽です!(書店員・こしあん)

インシテミル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月30日

    米澤作品らしい不穏さ、それによる不快な緊張のようなものが、最初の事件から最後まで満ち満ちている。特殊なクローズドサークルにおけるミステリーを最後の最後までドキドキワクワクしながら読み進められる。平穏を求める人の心により、犯人が出来上がってしまうというような、人の心の闇に触れているのも面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月14日

    クローズドサークルは緊張感がどこまで持続するか、ってとこが大事。
    この作品は、どこまでもハラハラドキドキでよかった。
    既存のミステリーへのオマージュも良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月02日

    おもしろかった!
    けど、ころされたひとたちはほんとにあのままなんだろうかたか、その後がとてもキニナル!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月10日

     高額のアルバイトになんとなく申し込んだ主人公。一週間監視付の部屋で生活するだけという内容だったが、それは同じように集められた12人の男女がより多くの報酬を巡り殺しあう殺人ゲームだった。グロテスクな描写にハラハラしながらも犯人探しやこのゲームの目的の推理を楽しめる。映画と原作の違いも見どころ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    じぶんがこの実験の被験者だったとしたら...
    耐えらんないだろうな
    関水の目的はなんだったのか...私気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月05日

    ラストは続編を匂わせる感じ。
    昔からのミステリーを読み込んでいるファンの人にはより楽しめることでしょう。
    面白かったので、古典部や小市民シリーズも読んでみようと購入しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月03日

    映画より原作見て!って何かのサイトに書いてあって購入。
    スッゴいおもろ。映画と全然ちゃうやん。

    でも映画見てたから連れてこられた部屋とかのイメージが湧きやすくてよかった。

    またいつか再読します。たぶん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月05日

    誤植を疑うような高額なアルバイト募集で集まった人たちが、いかにも「人を殺せ」そして「探偵が犯人を暴け」というような環境でてんやわんやする話
    クローズドサークルのミステリ

    映画を見た記憶はあるけど、どんな内容だったか詳しく思い出せない
    とりあえず、全く違う内容だったのは確かだな
    武器もコロコロ変わっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月02日

    映画のほうは観ていないが、面白そうな話だったので買ってみた。
    さくさく読める文章で、なかなか楽しめた。長旅のときに読むにはちょうどよい。
    推理の方は、間違えたなぁ。しかけにはずいぶん早く気づいたつもりだったのに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    現実感がないことが、探偵推理ものとして純粋に楽しめました。[private]大黒[/private]

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています